メインメニューを開く

GOLD CD (24K GOLD CD)は、蒸着膜に通常のアルミニウムではなく、(24K)を使用したコンパクトディスクである。通常のCDと全く変わりなくCDプレイヤー等で再生できる。

概要編集

  • 1986年頃に、日本のウルテック社が世界で初めて開発に成功。
  • 1987年には、米のMobile Fidelity Sound Lab社が、Ultradiscという商標で、世界初の24KのGOLD CDソフトを発売する(ちなみに同社の同CDの発売当初は、同CDのプレス、製造は上記の日本のウルテック社が行った)。
  • ゴールドディスクとも言う(セールスの賞のゴールドディスクではない)。
  • 通常のCDの反射膜に使われているアルミニウムと比べて、金は粒子が小さい為、その分、レーザーが反射した際におけるデジタル波形歪が少なくなるため、反射膜にアルミニウムを使用した通常のCDに比べて音質が良いと言われ(もっともデジタル信号である以上、波形歪が音質に影響することは原理的にあり得ない)、また、酸化による腐食に対する耐性に於いて金はアルミニウムよりも断然優れているために、保存性にも優れているという特徴がある。
  • 日本では主に88年~89年くらいに通常のCDとは別にGOLD CDを発売していた時期があった。
  • 海外ではピンク・フロイドなどが初期に発売し、最近でもディープ・パープルなどがGOLD CD仕様でCDを発売している。
  • 米では、様々なレコード会社からオリジナル・マスター・テープを借り受けて独自のマスタリングを施した高音質ソフトを、タイトル各に期間限定で発売しているMobile Fidelity Sound Lab社やDCC Compact Classics社のCDソフトは、原則としてこの24K GOLD CDにて発売している。
  • 数は少ないが、GOLD CD仕様のCD-ROMも存在する。例として、富士通が発売した『フリーウェアコレクション3』の特別版(同作へ作品を提供した作者に配布された版)[1][2]及び『フリーソフトウェアコレクション10』の初回プレス版[2]はGOLD CD仕様だった。

その他編集

  • 金の代わりに銀を使ったCDも存在する。この場合SILVER CDやシルバーディスクとは呼ばれない。メーカーによるが、主に銀蒸着という表現が使われている。ソニー・ミュージックが特に製作販売に注力している。一部のクラシックCDの初回版や大滝詠一の「ナイアガラ・ムーン」30周年記念盤の初回版などが銀蒸着仕様になっている。

脚注編集

  1. ^ Oh!FM TOWNS』(ソフトバンク)1995年2月号、27頁。
  2. ^ a b 『Oh!FM TOWNS』1995年9月号、115頁。