GitHub Pages

GitHubがユーザーに提供している静的なウェブページのためのウェブホスティングサービス

GitHub Pagesは、GitHubがユーザーに提供している静的なウェブページ英語版のためのウェブホスティングサービスである。ユーザーのブログやプロジェクトのドキュメント[1][2]、1冊の本全体を公開する[3]ためにも使用できる。

静的なウェブサイトやブログのジェネレータのJekyll英語版ソフトウェアと統合されている。ウェブサイトを書いたJekyllのソースページはGitHub上でGitリポジトリとして利用でき、リポジトリが更新されると、GitHub Pagesのサーバーはサイトを自動的に再生成する[4]

GitHub Pagesは2008年末に公開された[2][5]。GitHubの他のサービス同様、ウェブ広告によるサポートではなく、サービスの無料階層と有料階層が存在する。このサービスで生成されたウェブサイトは、github.ioドメインのサブドメイン、またはサードパーティのドメイン名レジストラで購入した任意のカスタムドメインで公開できる[6]

出典編集

  1. ^ Bell, Peter; Beer, Brent (2014), “GitHub Pages”, Introducing GitHub: A Non-Technical Guide, O'Reilly Media, p. 66, ISBN 9781491949832, https://books.google.com/books?id=OhdOBQAAQBAJ&pg=PA66 
  2. ^ a b Pipinellis, Achilleas (2015), “Chapter 5: GitHub Pages and Web Analytics”, GitHub Essentials, Packt Publishing Ltd, p. 125, ISBN 9781783553723, https://books.google.com/books?id=E9dOCwAAQBAJ&pg=PA125 
  3. ^ Xie, Yihui (2016), “6.2 GitHub”, bookdown: Authoring Books and Technical Documents with R Markdown, Chapman & Hall/CRC The R Series, CRC Press, p. 88, ISBN 9781351792608, https://books.google.com/books?id=8nm0DQAAQBAJ&pg=PA88 
  4. ^ Clark, Barry (August 1, 2014), “Build A Blog With Jekyll And GitHub Pages”, Smashing Magazine, https://www.smashingmagazine.com/2014/08/build-blog-jekyll-github-pages/ 
  5. ^ mojombo (Tom Preston-Werner) (December 18, 2008), “GitHub Pages”, The GitHub Blog, https://github.com/blog/272-github-pages 
  6. ^ Sawant, Uday R. (2016), “GitHub pages”, Ubuntu Server Cookbook, Packt Publishing, p. 340, ISBN 9781785887987, https://books.google.com/books?id=WwJwDQAAQBAJ&pg=PA340 

外部リンク編集