Goobuntu(もしくはGoogle Operating System)はGoogleが社内で開発・利用していたUbuntuベースのLinuxディストリビューション[1]

いくつかの情報源が「グーグルはこのディストリビューションを幅広く市場に出す可能性がある」ことを示唆していた[2][3][4][5]。GoogleとUbuntuの開発者マーク・シャトルワースはGoobuntuが存在して、内部で使われていることを認めている。

マーク・シャトルワースはGoogleがパッチをUbuntuに寄与していることを認めたが、一部のGoogle社員がUbuntuの修正されたバージョンを使う一方で、他の社員は他のLinuxディストリビューションの修正されたバージョンを使っている点を強調した。Googleは、Ubuconカンファレンスを通して、また他の方法でUbuntuをサポートしている。シャトルワースとGoogle代表はGoobuntuをリリースする計画を現時点では否定している。

2018年にGoogleはGoobuntuの使用をやめ、OSアップデートのローリングリリースに対応するため、DebianベースのgLinux英語版を開発して移行した[1][6]

他にGoogleが開発・発表したOSとしては、2007年に公開された携帯電話用Linux環境「Android」、および、2009年に計画が公開されたノートPC向けのGoogle Chrome OSなどがある。

なお、good OS社のgOSGobuntuとはまったく関係がない。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Google がデスクトップ向け Linux リリースのロールアウトに至った経緯”. Google Cloud. 2023年1月11日閲覧。
  2. ^ The Register reports: Google at work on Linux
  3. ^ Slashdot reports: "GoogleOS Scenarios"
  4. ^ Slashdot reports: "Google Working on Desktop Linux"
  5. ^ http://www.sem-r.com/19/20060202162823.html
  6. ^ Google、社内利用のLinuxをUbuntuからDebianベースにリプレース”. 2023年1月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集