メインメニューを開く

Google Buzz(グーグル・バズ)は、Google社が提供していたソーシャル・サービスである。Twitterに類似したサービスであり、Gmailから利用する形式で2010年2月10日から提供が開始された。2011年10月14日の数週間後には、Google+に一本化するかたちでサービスの提供を終了している[1]

目次

概要編集

Gmailのログイン画面から「Buzz」(「バズ」)を選択し、自分の書き込みを投稿する。Twitterのような文字数制限は無い。他のユーザーを「フォロー」(登録)したり、YoutubePicasaFlickr、Twitter、Googleリーダーなどとの接続を有効にすることで、それらの更新内容を反映させることもできる。

Gmailから独立したスタンドアロン版も検討されていた[2]

議論編集

Google Buzzは、利用を促すためにGmailと連動させたことで、開始当初から個人情報の流出を巡る議論に巻き込まれており[3]2月16日にはアメリカ合衆国のプライバシー擁護団体である電子プライバシー情報センター(EPIC)が米連邦取引委員会(FTC)に調査を要請するにまで至った[4]2月17日には、カナダプライバシー法に抵触していると、同国監督機関から批判された[5]

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集