Hallelujahは、日本のバンド12012の7thシングル2009年2月18日にリリース。

Hallelujah
12012シングル
初出アルバム『mar maroon
リリース
規格 シングル
録音 2008年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
作詞・作曲 宮脇渉塩谷朋之須賀勇介酒井洋明
プロデュース 12012、K×K
チャート最高順位
12012 シングル 年表
As
(2009年)
Hallelujah
(2009年)
薄紅と雨
(2009年)
テンプレートを表示

作品情報編集

  • 連続リリースの第2弾。
  • 宮脇いわく「たくさんの想いをこめているシングルだと思うし、「As」に続くふさわしい作品」とのこと[1]
  • キャッチコピーは「12012が壮大なスケールで描くDEADな未来」
  • この作品の歌詞はすべて宮脇渉が手掛けている。

収録曲編集

初回盤A編集

  1. Hallelujah(作詞:宮脇渉 作曲:塩谷朋之
  2. BURNING(作詞:宮脇渉 作曲:須賀勇介

初回盤B編集

  1. Hallelujah(作詞:宮脇渉 作曲:塩谷朋之)
  2. BURNING(作詞:宮脇渉 作曲:須賀勇介)
  3. SIREN(作詞:宮脇渉 作曲:酒井洋明

通常盤編集

  1. Hallelujah(作詞:宮脇渉 作曲:塩谷朋之)
  2. BURNING(作詞:宮脇渉 作曲:須賀勇介)
  3. Hallelujah(instrumental)

収録内容編集

CD編集

Hallelujah

  • 2009年3月11日にリリースの2ndアルバム『mar maroon』にむけて制作されたバラード[2]
  • As』同様にアルバム『mar maroon』へと続く物語をなす曲で、『mar maroon』にはシングルと別バージョンが収録された。
  • "デッドな世界"の中にある未来のことを描いた曲で、その未来では「Cold Sleep」(未来へ行く技術)が実現しており、それによる歪みが生まれているという世界になっている[3]
  • 「どうにも出来ないけど、どうにかしたい。まさに前進も後退もしない」[3]、「無感情な世界で痛みを感じられることの喜び」[4]などといった感情を歌っている。
  • メンバーいわく「もし地球が滅亡するなら、ライブで最後に演奏したい曲」[5]
  • レコーディングにはエグゼクティブ・プロデューサーも参加している[2]
  • ヴォーカルの宮脇はこの曲を歌ったとき、『over....』を歌ったときにかなり近かいものを感じたとのこと[3]
  • 各楽器パートは、歌の感情を際立たせるために無機質なサウンドにしたとのこと[4]

BURNING

  • ある対象をモチーフに情熱の在り方を描いた曲で、『逢いたいから....で「人間の恋愛」を、『flower』(「As」のカップリング曲)ではそれを「女性視点」で描いたのに対し、この曲ではそれを「男性視点」描いている[6]
  • 『flower』と同様に、『As』とリンクしたものになっている[3]
  • 初めてこの曲を聴いた時に、宮脇は「オシャレな打ち出し方をしてきな」と、塩谷は「がっちゃん(作曲者の須賀)、こんなポップな曲作るんや」と感じたとのこと[1]

SIREN

  • タイトルの意味は「警笛」[3]
  • 酒井いわく「普通な曲を作っていく中でのはみ出し者、って感じの曲」[6]
  • 作詞した宮脇が最初に抱いたイメージが「空戦」だったため、歌詞に緊迫感がでたのこと[6]

Hallelujah(instrumental)

  • 『Hallelujah』のインスト。

DVD PV“Hallelujah”編集

  • 初回盤Aに付録され、PV“Hallelujah”が収録されている。

タイアップ一覧編集

Hallelujah

参考文献・出典編集

  1. ^ a b 「Neo genesis」Vol.32、SOFTBANK MOOK、2009年、71-74頁。
  2. ^ a b 「SHOXX」Vol.193、音楽専科社、2009年、82頁。
  3. ^ a b c d e 「FOOL'S MATE」No.329、フールズメイト、2009年、62-63頁。
  4. ^ a b 「PATi PATi」VOL.291(第25巻第3号)、ソニー・マガジンズ、2009年、145頁。
  5. ^ 「CDでーた」第21巻第3号通巻371号、角川マガジンズ、2009年、119頁。
  6. ^ a b c 「ARENA 37℃」No.318、音楽専科社、2009年、101頁。