ISPSハンダマッチプレー選手権

ISPSハンダマッチプレー選手権2015年から2018年まで行われた一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の主催、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメント

Golf pictogram.svgISPSハンダマッチプレー選手権
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2015年
開催地 埼玉県(2018年)[1]
開催コース 鳩山カントリークラブ(2018年)[1]
基準打数 Par72(2018年)[1]
ヤーデージ 7115Yards(2018年)[1]
主催 一般社団法人国際スポーツ振興協会
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 マッチプレー
賞金総額 2億3000万円(2018年)[1]
開催月 9月
廃止 2018年[2]
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -17 大韓民国の旗 朴ジュンウォン(2016年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
タイ王国の旗 タンヤゴーン・クロンパ(2018年)[1]
テンプレートを表示

2015年、2016年はISPSハンダグローバルカップとして開催されていた。

2017年より現名称に変更し「日本プロゴルフマッチプレー選手権」以来、14年ぶりとなるメジャー大会でのマッチプレーとなった。優勝賞金は2017年ツアー最高額の5000万円に設定されているが大会5日間のギャラリーは2017年シーズン最少となる2704人で、2番目に少ないフジサンケイクラシックの7152人を大きく下回り[3]、1大会あたりのギャラリー数としては記録の残っている1992年以降の統計でツアー歴代3番目の少ない記録になった[4]。最終日も晴天だったにも関わらずギャラリーは884人にとどまった[3]。8月に開催される1回戦には96選手が参加。2回戦を勝ち上がった24選手と賞金ランク上位のシード8選手の計32選手が9月に開催される3回戦に臨む形式となる[5]

2015年、2016年は、日本以外のプロ選手を招聘し、日本選手と対決させることをコンセプトとしており[6]、初年度は日本国外からイアン・ポールターチャール・シュワーツェルジェイソン・ダフナー英語版チャーリー・ホフマン英語版らが出場した[7]

4日間競技で、2015年の大会は後半2日間(決勝)の模様をテレビ東京系列で録画中継した[8][9]。2016年は決勝ラウンド2日間の模様をBSフジで録画中継された。

2018年実績、賞金総額2億3000万円、優勝賞金5200万円[1]。当初大会主催者である国際スポーツ振興協会会長の半田晴久は2018年の大会表彰式の席で2019年以降については賞金総額を1億円に減額することを言明した[10]が、その表彰式などでJGTOが非礼な態度(不適切な対応)を取ったとしてISPS側が反発。2019年に新規開催を予定していたストロークプレーによる『ISPSハンダ東京オープン』及びAbemaTVツアー(男子下部ツアー)の『ISPS HANDAチャレンジカップ』と共に2018年限りで撤退することとなった。また2020年度以降についても開催の目処は立っていない[2][11]

歴代優勝者編集

ISPSハンダグローバルカップ
開催回 開催年 優勝者名 スコア 開催コース
第1回 2015年   武藤俊憲[12] -14PO ヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県北杜市[13]
第2回 2016年   朴ジュンウォン英語版[14] -17PO 朱鷺の台カントリークラブ(石川県羽咋市[15]

POプレーオフでの決着

ISPSハンダマッチプレー
優勝者 準優勝者 スコア 開催コース 優勝賞金(\) 賞金総額(\)
2017年 片山晋呉[16]   日本   H・W・リュー 3 & 2 浜野ゴルフクラブ 50,000,000 210,000,000
2018年 タンヤゴーン・クロンパ英語版[1]   タイ   今平周吾 2 & 1 鳩山カントリークラブ 52,000,000 230,000,000[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i やせたらネイマール似のクロンパが日本ツアー初優勝 - 日刊スポーツ、2018年9月9日配信、同日閲覧
  2. ^ a b 男子ツアーの“放映権問題”は? 女子ツアーの騒動を受けて今後の見解を示す”. ALBA.Net (2018年12月21日). 2018年12月21日閲覧。
  3. ^ a b 今季ツアー最高額5000万円もギャラリーは寂し - 国内男子 日刊スポーツ
  4. ^ この記録を下回る2つの大会ではいずれも中止日が含まれている。5日間で2704人 ギャラリー数は歴代3番目の少なさ【国内男子 JGTO JGA】 ゴルフダイジェスト・オンライン
  5. ^ “17年男子ツアーは16年と同じ26試合…賞金総額は3年連続増”. スポーツ報知. (2016年12月16日). http://www.hochi.co.jp/golf/20161216-OHT1T50316.html 2016年12月17日閲覧。 
  6. ^ ISPSハンダグローバルカップのお知らせ - 半田晴久オフィシャルサイト
  7. ^ ポールターにマスターズ覇者も! ISPSハンダグローバルカップ記者発表会開催 - ALBA・2015年6月1日
  8. ^ 2015 ISPSハンダグローバルカップ パンフレット - ヴィンテージゴルフ倶楽部山梨県北杜市
  9. ^ ISPSハンダグローバルカップ最終日【マスターズ王者参戦日本勢はどう戦う?】 - テレビ東京
  10. ^ ISPSが新規大会開催へ 半田氏「8月に千葉で」 - 日刊スポーツ、2018年9月9日配信、同日閲覧
  11. ^ “JGTO、来季男子ツアー日程発表 賞金総額は過去最高の42億9475万円”. サンケイスポーツ. (2018年12月21日). https://www.sanspo.com/golf/news/20181221/jgt18122106000004-n1.html 2018年12月22日閲覧。 
  12. ^ 記念すべき初代チャンピオンは武藤俊憲 - 日本ゴルフツアー機構
  13. ^ 国内男子の試合数5年ぶり増 賞金総額も大幅UP つるやオープン姿消す(2014.12 ゴルフダイジェスト 2014年12月26日閲覧
  14. ^ 朴ジュンウォンがPO制し初優勝 日本勢はトップ10に5位の平塚哲二だけ - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年6月26日閲覧
  15. ^ 19年ぶり男子ツアー 来年6月 朱鷺の台CC - 中日新聞・2015年12月16日
  16. ^ 44歳の片山晋呉 イーグル締めで国内最年長のマッチプレー王者に - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年9月10日閲覧

外部リンク編集