メインメニューを開く

if文

条件分岐を書くときに使う最も基本的な構文

if文(イフぶん)はプログラミング言語において、真理値に従って「もしXならば、Yせよ、さもなくばZせよ」というような条件実行の「文 (プログラミング) 」で、制御構造のひとつである。if else文と呼ばれることもある。

具体的な構文はプログラミング言語によって異なるが一般的に、条件式と、条件式の評価結果の値が「真として扱うべき値」の場合に実行される「then節」と呼ばれる部分があり、「偽として扱うべき値」の場合に実行されるelse節と呼ばれる部分が付く場合もある。

then節とelse節が式になる「条件演算子」がある言語も多い。言語によってはifが文ではなく、条件演算子と同様の「if式」である言語もある。

真偽値編集

「真として(あるいは、偽として)扱うべき値」について詳説する。条件式の値が真理値をとるブーリアン型でなければならない言語もあるが、そのように限定していない言語もある。C言語にはそもそもブーリアン型が無くintで代用しているが、条件式としては汎整数型のゼロ(0)の他、ヌルポインタや 0.0 なども偽として扱われる。Rubyではnilとfalse以外は真として扱われる。JavaScriptにはtruthyとfalsyという用語があり、falseの他いくつかの値がfalsyで、その他の多くの値はtruthyである。比較的少数の偽になる値の他は、真、という言語が多いが、それと逆に、Dart言語(のproduction mode)のようにtrue以外は偽という言語もある(checked modeではbool以外の型だとエラー)。

構文と構文以外編集

以下ではいくつかの言語における、if文、乃至それに類似したものの、構文(syntax)と、構文以外のことについて述べる。

C編集

条件式は任意の式である(C99以前には真理値のみを扱うための型は無かった)。整数値0となる値は偽、他の値は真として扱われる。真を代表して表すための値は整数値1である。then節とelse節には、1個の文か、{ } で囲まれる複文を書く。

真の時だけ実行するとき

if (条件式)
 then節

真と偽の両方に振り分けるとき

if (条件式)
 then節
else
 else節

Lisp編集

Lispでは、ifは関数のような見掛けだが実引数が評価されない特殊形式(マクロ)である。真偽値は、nil という名前や中身の無いカッコ () で表現される空リストが偽として扱われ、他の値は真として扱われる。then節とelse節のどちらも式である。

真の時だけ実行するとき

(if 条件式 then節)

真と偽の両方に振り分けるとき

(if 条件式 then節 else節)

Lispにはcondという、同等の機能を実現できる特殊形式もある。仕様や実装によっては、ifがcondに展開されるマクロのこともあるし、condがifに展開されるマクロのこともある。

Pascal編集

then節とelse節には、1個の文か、beginend で囲まれる複文を書く。

真の時だけ実行するとき

if 条件式 then
 then

真と偽の両方に振り分けるとき

if 条件式 then
 then
else
 else

Ada編集

Adaでは条件式の型はBoolean(もしくはBooleanの派生型)でなければならない。これはJava等も同様である。

真の時だけ実行するとき

if 条件式 then
 then節
end if;

真と偽で実行文を変えるとき

if 条件式 then
 then節
else
 else節
end if;

Perlの場合編集

真の時だけ実行するとき

真文 if 条件文

偽の時だけ実行するとき

偽文 unless 条件文

また、C言語風の記述法も可能である。

真の時だけ実行するとき

if(条件文) {
 真文
}

真と偽で実行文を変えるとき

if(条件文) {
 真文
} else {
 偽文
}

Rubyの場合編集

Rubyのifは厳密に言えばif式であり、条件が成立した方の節で最後に評価された式の値を返す。

真の時だけ実行するとき

if 条件式 (then)
 真文
end

真と偽で実行文を変えるとき

if 条件文 (then)
 真文
else
 偽文
end

BASICの場合編集

真の時だけ実行するとき

IF 条件式 THEN 真文

真と偽で実行文を変えるとき

IF 条件式 THEN 真文 ELSE 偽文

真文・偽文が1行で書ききれない場合はgoto文が併用される。

Visual Basicの場合編集

真の時だけ実行するとき

If 条件式 Then
 真文
End If

真と偽で実行文を変えるとき

If 条件式 Then
 真文
Else
 偽文
End If

真文・偽文が短い場合には BASIC と同様の書き方も可能である。

REALbasicの場合編集

真の時だけ実行するとき

If 条件式 Then
 真文
End If

真と偽で実行文を変えるとき

If 条件式 Then
 真文
Else
 偽文
End If

OpenOffice.org Calc,Libre Office Calc, Excel の場合編集

真の式だけ実行するとき

IF(条件式;真文;"")

真と偽で実行文を変えるとき

IF(条件式;真文;偽文)

ただしLibre Office Calc, Office 365ではさらに条件を追加することができ

IFS(条件式1, 真の場合1, 条件式2, 真の場合2, ..., 条件式127, 真の場合127) (条件式は厳しいものから並べる必要がある。)

IF文の入れ子構造と処理は同一である。ただし可読性が良い。

FORTRAN編集

以下は、Fortran77以降の、論理IF文の場合である。1行のみの場合

if(条件式) 真文

複数行にまたがる場合

if(条件式1) then
  条件式1が真の場合ここから
  ここまでのプログラムが実行される(複数行)                                              
else if(条件式2) then                                               
  条件式2が真の場合ただしすでに条件式1が成り立っている場合は除くここから
  ここまでのプログラムが実行される(複数行)
else
  すべてのなかのいずれの条件にも当てはまらない場合ここから  
  ここまでのプログラムが実行される(複数行)
end if

Forthの場合編集

真の時だけ実行するとき

条件式 IF 真文 THEN

偽の時だけ実行するとき

条件式 NIF 偽文 THEN

真と偽で実行文を変えるとき

条件式 IF 真文 ELSE 偽文 THEN

または

条件式 NIF 偽文 ELSE 真文THEN

ひまわりの場合編集

真の時だけ実行するとき

もし、{条件式}ならば、(
{処理}
)

真と偽で実行文を変えるとき

もし、{条件式}ならば、(
{処理}
)
違ったら、(
{処理}
)

HSPの場合編集

真の時だけ実行するとき

if 条件式 : 真文

真と偽で実行文を変えるとき

if 条件式 : 真文 : else : 偽文

また、Cのようにブレイスを用いることもできる。

if 条件式 {
  真文
} else {
  偽文
}

プログラム例編集

特に断りがない場合nanbの大きい方をncに代入という意味である。

Cでの例編集

if(na > nb) {
  nc = na;
} else {
  nc = nb;
}
  • nc = (na > nb) ? na : nb としても同じ事ができる。

Common Lisp での例編集

(if (> na nb)
 (setq nc na)
 (setq nc nb)
 )

これはcondを使った

(cond
 ((> na nb) (setq nc na))
 (t (setq nc nb))
 )

と同様であるが、そもそもまともな神経を持っていれば、

(setq nc (if (> na nb) na nb))

と書くであろう。

Pascalでの例編集

if na > nb then nc := na else nc := nb

R言語での例編集

nc <- ifelse(na > nb, na, nb)

FORTRANの例編集

if(a.eq.b) c=5

上記の記述ではa=bの場合c=5になる簡単なプログラム例である。

if(a.eq.100) then
b=30
else if(a.eq.80) then
b=25
else
b=20
end if

上記の記述ではa=100の場合はb=30となり,a=80の場合はb=25,その他の場合はb=20となるプログラム例である。

論理積・論理和による擬似的なIf文編集

仮に && を論理積を表す演算子として、

左辺 && 右辺

という論理式で、左辺が真にならなければ右辺を評価しない言語(短絡評価)では、これを

If (左辺) { 右辺 }

と等価とみなすことができる。つまり左辺が条件文で、右辺が真文となるわけである。
同様に || を論理和を表す演算子だとすると、

左辺 || 右辺

If (Not 左辺) { 右辺 }

と等価となり、左辺が偽のときだけ右辺が実行される。

たとえばMS-DOSやWindowsのバッチファイルでは

CHDIR C:\HOGE || ECHO フォルダがみつかりません

(もしCHDIRコマンドが失敗したら、ECHOコマンドが実行される)

言語によっては、このように論理積演算や論理和演算を擬似的なIf文として代用する場合が多々ある。

関連項目編集