朝鮮プロレタリア芸術家同盟

KAPFから転送)

朝鮮プロレタリア芸術家同盟(ちょうせんぷろれたりあげいじゅつかどうめい)は、1925年に設立された朝鮮社会主義団体。エスペラント語の Korea Artista Proleta Federacio の頭文字を取ってKAPF(カップ、카프)と呼ばれる。

朝鮮プロレタリア芸術家同盟
各種表記
ハングル 조선 프롤레타리아 예술가 동맹
漢字 朝鮮프롤레타리아藝術家同盟
日本語読み: ちょうせんぷろれたりあげいじゅつかどうめい
ローマ字 Korea Artista Proleta Federacio
テンプレートを表示


概略編集

朝鮮で、左翼文化運動団体「焰群社朝鮮語版」と無産化階級文学運動団体「パスキュラ」が合同して、1925年8月、設立される。朴英熙朝鮮語版金基鎮朝鮮語版李浩李相和安碩柱朝鮮語版宋影朝鮮語版が発起人であり、李箕永崔曙海韓雪野林和朝鮮語版安漠朝鮮語版朴八陽朝鮮語版らが加わる。1927年には、趙重滾金斗鎔洪暁民韓植らが参加し、さらに階級意識的な文学活動を推し進めた。KAPFの機関紙として『文芸運動』を発行、当時の朝鮮において、左翼文学の総本山として活動する。

KAPF結成当時は、焰群社の綱領をそのまま踏襲し、マルクス主義研究会などを行いながら、左翼文学の理論を論じ合う。1927年9月に、新綱領が採択され、KAPFの活動はさらに文学の理論化が推し進められる。KAPF以前にいわゆる「新傾向派」と呼ばれた文学的態度を批判、発展させながら、階級イデオロギーの反映、マルクス・レーニン主義に立脚した写実主義作品を書くことを求めた。1931年、組織を改編し、文学同盟、演劇同盟、映画同盟、美術同盟など各分野を独立させ、中央協議体として、プロレタリア芸術同盟を置いた。

KAPFの最大の目的は、当時、李光洙金東仁廉想渉といったブルジョア文士の打倒であり、文学を革命的思想の理論と伝播に利用することであった。しかし、あまりに芸術性を無視しすぎていたため、プロ文学作家の作品は文学としての面白さにかけていた、と、後に韓雪野は述懐する。KAPFは、総督府の取締と、「海外文学派朝鮮語版」との対立、そしてなにより、経済的な困窮と戦わなければならなかった。

1930年頃、日本から帰国した林和、權煥朝鮮語版金南天朝鮮語版安漠朝鮮語版らがボルシェビキ主義を主張し、KAPF内で意見が二分する。1931年6月15日から10月初めにかけて、第1次カップ一斉検挙で70人余りが捕まり、1934年4月に、第2次カップ一斉検挙で80人余りが逮捕された。これにより、プロレタリア文学活動は大打撃を受け、1935年6月、KAPFは総督府により正式に解散させられた。