Kometaロシア語: Комета)はソビエト連邦クラスノゴールスク工場において開発されたレンジファインダーカメラ

概要編集

35㎜フィルムを使用するレンジファインダーカメラ軍艦部には距離計セレン露出計を備えており、絞りとシャッター速度が連動する仕様だった[1]。同時期のライカM露出計のみがシャッター速度と連動しており、保守的なコンタックスに至ってはそれすら備えていなかった。

バヨネット式のレンズ交換式のカメラでセルフタイマーを備えていた[1]。カメラの大きさは35㎜フィルムを使用するが中判カメラ並みの大きさだった[1]

1958年に開催されたブリュッセル万国博覧会で展示された。当時先進的とされていた西側のカメラと比較して遜色ないばかりか、凌駕する機能を備えていたものの、2台の試作品に留まり、量産されることはなかったため、現在では幻のカメラとして知られる[1]。一説には当時のソビエトの工業水準では機械的に連動する部分の量産が困難だったとも言われる[2]

当時、ゾルキーフェドキエフ等、西側の模倣品ばかりを生産していたソビエトの光学産業においては異色の存在だった。

脚注編集

  1. ^ a b c d KOMETA
  2. ^ 数値制御式工作機械の普及した現在でも量産機において1/1000mmの精度を要求される不規則な形状のカムを組み合わせて精度を一定の許容値内に収めることは困難

外部リンク編集