メインメニューを開く

Krait はARMベースの中央処理ユニット(CPU)。kraitにはクアルコムSnapdragon S4とSnapdragon400・600・800・801・805 (Krait 200、Krait 300、Krait 400及びKrait 450)のSoCとして搭載されている。2012年にScorpion CPUの後継として導入され、アーキテクチャは類似しているが、kraitはCortex-A15コアではなく、社内で設計された[1]

Krait
生産時期 2012から
CPU周波数 1 GHz から 2.7 GHz
命令セット ARMv7-A, Thumb-2
コア数 2 or 4
テンプレートを表示

2015年にクアルコムはKraitの後継CPU「Kryo」の詳細を公開した[2]

概観編集

  • 3命令デコードと4命令発行のアウト・オブ・オーダー実行機能や投機的実行機能をサポートし11段のパイプラインを備えたスーパースカラー
  • パイプラインVFPv4[3]と128ビット幅のNEON (SIMD)
  • 7つの実行ポート(ユニット)
  • 4 KB + 4 KB ダイレクトマップ L0キャッシュ
  • 16 KB + 16 KB 4-way セットアソシアティブL1キャッシュ
  • 1 MB (デュアルコア) または2 MB (クアッドコア) 8-wayセットアソシアティブL2 キャッシュ
  • デュアルまたはクアッドコア構成
  • パフォーマンス(DMIPS/MHz):
    • Krait 200: 3.3 (28 nm LP)
    • Krait 300: 3.39[4] (28 nm LP)
    • Krait 400: 3.39 (28 nm HPm)
    • Krait 450: 3.51 (28 nm HPm)

参考文献編集

  1. ^ Qualcomm's New Snapdragon S4: MSM8960 & Krait Architecture Explored”. Anandtech (2011年10月7日). 2013年7月28日閲覧。
  2. ^ Snapdragon 820の新CPU「Kryo」は現行ハイエンド810比で電力効率が2倍に劇的進化 GIGAZINE
  3. ^ Qualcomm Snapdragon S4 (Krait) Performance Preview - 1.5 GHz MSM8960 MDP and Adreno 225 Benchmarks”. Anandtech (2012年2月21日). 2013年7月28日閲覧。
  4. ^ Linley Gwennap (2012年12月18日). “Krait 300 Bumps Up Performance”. Linley on Mobile. The Linley Group. 2013年7月28日閲覧。