LLSVP(Large low-shear-velocity provinces, LLVPとも) とは地球のマントル最下部に存在する大規模な構造の集まりである[2]。 これらの領域ではせん断速度が小さいことが特徴であり、地震波トモグラフィーによって発見された。主要な2つの領域が太平洋とアフリカ下に数千kmスケールで存在し、コア-マントル境界から垂直方向に最大1000km、横方向に数千kmの広がりをもっている[3]。これらの領域はマントルの体積の約8%(地球の6%)に相当する。

地震波トモグラフィーにより推定されるLSVPのアニメーション[1]

起源編集

現在の主要な仮説は沈み込んだ海洋スラブの蓄積によって生じるというものである[3]

2つ目の仮説はジャイアント・インパクト説に関連しているというものである。原始地球テイア (Theia)と呼ばれる火星サイズの天体と衝突した際にテイアのマントルの破片が地球のコアとマントルの境界に沈み込みLLSVPの起源となったことを示唆している[4]

脚注編集

  1. ^ Cottaar; Lekic (2016). “Morphology of lower mantle structures”. Geophysical Journal International 207 (2): 1122–1136. Bibcode2016GeoJI.207.1122C. doi:10.1093/gji/ggw324. 
  2. ^ Garnero, McNamara, Shim (2016). “Continent-sized anomalous zones with low seismic velocity at the base of Earth's mantle”. Nature Geoscience 9 (7): 481–489. Bibcode2016NatGe...9..481G. doi:10.1038/ngeo2733. 
  3. ^ a b Maruyama; Santosh; Zhao (4 June 2006). “Superplume, supercontinent, and post-perovskite: Mantle dynamis and anti-plate tectonics on the Core-Mantle Boundary”. Gondwana Research 11 (1–2): 7–37. Bibcode2007GondR..11....7M. doi:10.1016/j.gr.2006.06.003. https://www.researchgate.net/publication/223376499 2006年8月17日閲覧。. 
  4. ^ Yuan, Qian; Li, Mingming; Desch, Steven J.; Ko, Byeongkwan (2021). “Giant impact origin for the large low shear velocity provinces”. 52nd Lunar and Planetary Science Conference. https://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2021/pdf/1980.pdf 2021年3月27日閲覧。. 

参考文献編集

関連項目編集