ln(エルエヌ)はPOSIXおよびSingle UNIX Specificationで規定されているコマンドである。lnは「link」の略であり、ファイルやディレクトリへのリンクを作成するコマンドである。

構文編集

ln [OPTION]... [-T] TARGET LINK_NAME
ln [OPTION]... TARGET
ln [OPTION]... TARGET... DIRECTORY
ln [OPTION]... -t DIRECTORY TARGET...

オプション編集

デフォルトではハードリンクを作成するが、オプションとして「-s」を指定すると、作成されるリンクはシンボリックリンクとなる。 この他、代表的なオプションとして以下がある。

  • -f 上書きの確認の問い合わせをしない。
  • -L, -P ハードリンクからシンボリックリンクを生成する。

外部リンク編集