M32Rは32ビットのRISC命令セットの組み込み用途のマイクロプロセッサとマイクロコントローラであり、 三菱電機(現・ルネサス エレクトロニクス)によって開発された。 M32Rは、エンジン制御ユニットやデジタルカメラ、PDAなどの組み込みシステムで使われている。 命令セットは、GNUコンパイラコレクションでサポートされており、かつてはLinuxサポートもあったが、Linux 4.16 にてサポート対象CPUから外されている[1]

M32R
開発者 ルネサス エレクトロニクス
ビット数 32ビット
発表 1997年
デザイン RISC
タイプ Register-Register
エンコード 固定, 16または32ビット
エンディアン Bi
オープン No
レジスタ
32ビット汎用レジスタ×16、56ビットアキュムレータ×2、32ビット制御レジスタ×6

脚注編集

  1. ^ Simon Sharwood (2018年4月3日). “Linux 4.16 arrives, erases eight CPUs and keeps melting Meltdown”. theregister.co.uk (Situation Publishing). オリジナルの2018年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180403102729/https://www.theregister.co.uk/2018/04/03/linux_4_16_released/ 2018年4月3日閲覧。 

外部リンク編集