MOA: Memorandum of Association)は、(イギリスなどの)会社の基本規約の一種[1][2]。MOAはMemorandum of Associationの略で日本語訳では「基本定款」と訳される[2]

イギリスの基本定款編集

イギリスでは1985年会社法によりMemorandum of Association(基本定款)とArticles of Association(通常定款)の2つの基本規約を定めることとされた[1]

1985年会社法では基本定款に定める事項として社名、会社の目的、会社の種類、有限責任と無限責任の区別、登記された事務所の場所などがあった[1]。しかし、2006年会社法によりこれらは通常定款で扱われる(社名の場合は設立証書に記録される)こととなり、基本定款は引受人が会社設立の意思(会社設立の経緯)を示すための非常に簡単な文書になった[1]

インドの基本定款編集

インドでは会社の基本規約としてMemorandum of Association(基本定款)とArticles of Association(付属定款)の2つがある[3]。インドの会社の基本規約はMemorandum of Associationは「基本定款」、Articles of Associationは「付属定款」と訳されている[3]

インドの会社法上の基本定款は会社の憲章となるもので、会社の名称や所在州名、事業目的(主目的と主目的達成のための付随的・補助的目的)、株主の責任、授権資本金額、設立文言などを記載したもので発起人が署名を行う[3][2]

出典編集

  1. ^ a b c d 英国会社法改正”. JETROロンドンセンター. 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c 平成27年度インフラシステム海外展開促進調査等事業”. 経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課. 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ a b c インドへの投資ガイド”. インド商工業省産業振興政策局. 2018年9月24日閲覧。

関連項目編集