Malwarebytes Inc.、カリフォルニア州サンタクララにオフィスを構えるアメリカのセキュリティ会社。フロリダ州クリアウォーター;タリン、エストニアコーク、アイルランド[1]マルウェアやその他の脅威から家庭用コンピューター、スマートフォンを守るソフトを作っている。 これらの3つの製品は、Malwarebytes 3.0Premiumと呼ばれる単一のプログラムに組み込まれている。

歴史編集

初期の時代編集

Malwarebytes Incは2004年に設立された。 [2] 創設者のMarcinKleczynskiは、もともとポーランド出身で、10代の若者で、シカゴのコンピューター修理店で技術者として働いていた。 [3]彼は、感染したコンピューターが到着すると、感染が軽微であるかどうかに関係なく、通常はコンピューターを再フォーマットすることに気づいた。 Kleczynskiがウイルスが直接攻撃されなかった理由について詳しく知り、 McAfeeSymantecも彼のシステムからマルウェアを削除しないことを発見したのは、母親のコンピューターがマルウェア感染したときだけだった。 Kleczynskiが当時人気のあったフォーラムSpywareInfoに投稿した後、彼はマルウェアを治す方法を3日で学んだ。この後、Kleczynskiがフォーラムの編集者の何人かと会話し、友人になり、未使用のドメインを購入するように誘惑したときに、会社は設立された。 [4]

Kleczynskiは、サイトの常連の1人であるBruce Harrisonと共に、同社のソフトウェアの最初のバージョンを作成した。 [5] 2006年、大学のルームメイトと協力して、「RogueRemover」と呼ばれる無料で利用できるプログラムを作成しました。これは、「偽装セキュリティツール」のタイプのマルウェアの削除に特化したユーティリティで、偽装セキュリティツールは、コンピュータユーザーを詐欺して偽のアンチウイルスソフトを通じてクレジットカード情報を乗っ取る物。潜在的に迷惑なアプリケーションとも言われる。 RogueRemoverは、Malwarebytes Anti-Malwareの開発に貢献したことが証明され、Kleczynskiは、フィードバックを通じてソフトウェアを改善できるフォーラムを設立することがでた。 [4] KleczynskiとHarrisonは、Kleczynskiがイリノイ大学でコンピューターサイエンスを学んでいたときに、2008年1月21日に正式にMalwarebytesを立ち上げました。 ブルースはMalwarebytesのリサーチ担当副社長になり、さらにフリーウェア開発の経験を持つダグ・スワンソンを新会社で働くために雇った。以前GreenBorderで働いていたeコマースの専門家であるMarcusChungが最高執行責任者として採用された。 [6] KleczynskiとHarrisonは、当時個人的に会ったことがなかったにもかかわらず、ソフトウェアを販売した最初の年に60万ドルを稼いだと伝えられている。 [7]

2010年以降編集

製品編集

 
Malwarebytesのロゴ

Malwarebytesにはいくつかの製品があり、2011年の時点で36の異なる言語で利用可能でした。 Malwarebytes Anti-Malwareは、2つの異なるバージョンがある。1つは家庭用コンピューター用の無料ダウンロード用で、もう1つは「マルウェアに対するリアルタイム保護、自動スキャン、自動更新」を提供する14日間の無料トライアル付きのプロフェッショナルバージョン。 [8] Malwarebytes Anti-Malware Mobileは、スマートフォンをモバイルマルウェアから保護し、追跡アプリケーションを識別する個人データへの不正アクセスを防止する無料のAndroidアプリです。 [9] GooglePlayストアでの評価は4.4です。 [10] 2014年、同社はユーザーインターフェイスとダッシュボードを改善したMalwarebytes Anti-Malware2.0をリリース。 [11]

Malwarebytes AdwCleanerは、アドウェアに特化した非常駐型セキュリティソフト。

人員編集

関連項目編集

  1. ^ Malwarebytes – Talent Community”. jobs.Malwarebytes.com. 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ Company Overview of Malwarebytes Corporation”. Bloomberg. 2016年10月12日閲覧。
  3. ^ Q&A: Marcin Kleczynski, CEO of Malwarebytes, on cybersecurity and startups”. San Jose Mercury News. 2015年4月26日閲覧。
  4. ^ a b Interview with Malwarebytes' founder, Marcin Kleczynski”. Techspot (2012年10月11日). 2016年10月12日閲覧。
  5. ^ “Malwarebytes grows out of downtown San Jose as demand for virus protection soars”. Silicon Valley Business Journal. (2015年6月16日). http://www.bizjournals.com/sanjose/news/2015/06/16/malwarebytes-grows-out-of-downtown-san-jose-as.html 2016年10月14日閲覧。 
  6. ^ “Malwarebytes quietly becomes a big player in anti-malware software – VentureBeat – News – by Dean Takahashi”. VentureBeat. https://venturebeat.com/2011/07/18/malwarebytes-quietly-becomes-a-big-player-in-anti-malware-software/ 2015年4月26日閲覧。 
  7. ^ Lunden, Ingrid (2016年1月21日). “Security Startup Malwarebytes Raises Another $50M From Fidelity”. Tech Crunch. 2016年10月12日閲覧。
  8. ^ “Malwarebytes Quietly Becomes a Big Player in Anti-Malware Software”. The New York Times. (2011年7月18日). https://www.nytimes.com/external/venturebeat/2011/07/18/18venturebeat-malwarebytes-quietly-becomes-a-big-player-in-29261.html?partner=rss&emc=rss 2016年10月12日閲覧。 
  9. ^ Malwarebytes Anti-Malware for Android”. TechSpot. 2016年10月14日閲覧。
  10. ^ Malwarebytes. “Malwarebytes Anti-Malware – Android Apps on Google Play”. Google. 2015年4月26日閲覧。
  11. ^ Malwarebytes Anti-Malware 2.0”. PC Magazine (2014年12月14日). 2016年10月14日閲覧。