MoinMoin(モインモイン)はPythonで書かれたウィキクローンの一つ。ユルゲン・ヘルマン、トーマス・ヴァルドマンらによって開発された。ライセンスはGPLである。Moinとは北部ドイツ等で話されるフリジア語の挨拶の言葉であり、直訳すると「よき一日を!」という意味である[1]

MoinMoin
Moinmoin.png
開発元 Jürgen Hermann
Thomas Waldmann
最新版 1.9.10 / 2018年9月9日 (2018-09-09)
リポジトリ github.com/moinwiki/moin
対応OS クロスプラットフォーム
種別 ウィキソフトウェア
ライセンス GPL
公式サイト moinmo.in
テンプレートを表示

特徴編集

  • Pythonで書かれている
  • 強力なページのリビジョン管理(変更履歴はすべて保存される)。
  • アクセスコントロール機能を持つ。
  • UTF-8出力や国際化に標準で対応。
  • ページの保存にはテキストファイルを使用し、MySQLなどのRDBMSを使わない。
  • 様々なテーマやプラグイン、マクロが利用できる。
  • ウィキ文法を意識せずに編集が行えるWYSIWYGエディタ。
  • スペルチェック機能。

などの特徴[2]がある。また、欧米では非常にポピュラーなウィキであり、ApacheXenFedoraDebianUbuntuなど、著名なオープンソースプロジェクトのWikiに採用されている[3]

DesktopEdition編集

MoinMoin DesktopEdition を使用することにより、ローカルマシンで簡単にパーソナルウィキとしての利用ができる[4]。配付パッケージを展開し wikiserver.py を実行すると、localhost の 8080 ポートでWebサーバが起動し、フル機能の MoinMoin にアクセスできるようになる。

WikiにMoinMoinを採用しているプロジェクト編集

脚注編集

  1. ^ MoinMoinEtymology”. 2008年11月29日閲覧。
  2. ^ MoinMoinFeatures”. 2008年11月29日閲覧。
  3. ^ MoinMoinWikis”. 2008年11月29日閲覧。
  4. ^ 利用にはPythonのインストールが必要

関連項目編集

外部リンク編集