メインメニューを開く

NAD+ヌクレオシダーゼ

NAD+ヌクレオシダーゼ(NAD+ nucleosidase、EC 3.2.2.5)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

NAD+ nucleosidase
識別子
EC番号 3.2.2.5
CAS登録番号 9032-65-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
NAD+ + 水ADPリボース + ニコチンアミド

従って、この酵素は、NAD+の2つの基質、ADPリボースニコチンアミドの2つの生成物を持つ。

この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名はNAD+グリコヒドロラーゼ(NAD+ glycohydrolase)である。NADアーゼ、DPNアーゼ、ジホスホピリジンヌクレオシダーゼ、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドヌクレオシダーゼ等と呼ばれることもある。ニコチン酸やニコチンアミドの代謝、またカルシウムシグナリング経路に関与している。

構造編集

2007年末時点で、25個の構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコードは、1ISF1ISG1ISH1ISI1ISJ1ISM1LBE1R0S1R121R151R161YH31ZVM2EF12HCT2I652I662I672O3Q2O3R2O3S2O3T2O3U2PGJ2PGLである。

出典編集

  • HOFMANN EC, RAPOPORT S (1955年). “[DPN- and TPN-specific nucleosidases in erythrocytes.]”. Biochim. Biophys. Acta. 18 (2): 296. doi:10.1016/0006-3002(55)90076-7. PMID 13276383. 
  • Nakazawa K, Ueda K, Honjo T, Yoshihara K, Nishizuka Y, Hayaishi O (1968年). “Nicotinamide adenine dinucleotide glycohydrolases and poly adenosine diphosphate ribose synthesis in rat liver”. Biochem. Biophys. Res. Commun. 32 (2): 143–9. doi:10.1016/0006-291X(68)90360-4. PMID 5672131. 
  • Ueda K, Fukushima M, Okayama H, Hayaishi O (1975年). “Nicotinamide adenine dinucleotide glycohydrolase from rat liver nuclei. Isolation and characterization of a new enzyme”. J. Biol. Chem. 250 (19): 7541–6. PMID 240831. 
  • Morikawa K; Ariyoshi, M; Ishihara, K; Hirano, T; Jingami, H; Morikawa, K (2002年). “Crystallographic studies on human BST-1/CD157 with ADP-ribosyl cyclase and NAD glycohydrolase activities”. J. Mol. Biol. 316 (3): 711–23. doi:10.1006/jmbi.2001.5386. PMID 11866528.