NAL ロケットはかつて航空宇宙技術研究所が1960年代の設立当初に開発した一連のロケットである。[1]

NAL-7編集

サイドジェット装置を搭載する。[2][3]

諸元[2]編集

  • 1段式
  • 全長:1,897mm
  • 直径:70mm

NAL-16[4]編集

諸元[2][5]編集

  • 1段式
  • 全長:3,985m
  • 直径:165mm
  • 到達高度:100km

NAL-25編集

1969年2月1日に打ち上げられた[6]

諸元編集

  • 1段式[7]
  • 全長:4,000mm[8]
  • 直径:200mm
  • 到達高度:20km

NAL-16・31D編集

2段式で2段目はNAL-16を改良して搭載する[9]

諸元[2]編集

  • 2段式
  • 全長:8,100mm
  • 直径:310mm
  • 到達高度:70km

NAL-25・30編集

実際に打ち上げられたかどうかは不明

諸元編集

  • 2段式
  • 直径:300m

NAL-25・31編集

ガスジェット制御の技術確立を目的として開発された。JCRロケットの原型になった。[9] 固体式2段式で第2段の先端部にロール制御用の過酸化水素水ガスジェット装置を搭載する。[6]

諸元編集

  • 2段式
  • 全長:8,800mm
  • 直径:310mm
  • 到達高度:150km

NAL-735編集

ISASとNALが共同開発した単段式ロケットで、小型超音速実験機 "NEXST-1" を高度18kmに打ち上げる為に用いられる。機体はST-735,SB-735を基にしており、実験に合わせ燃焼後期の増速を抑えた2段燃焼パターンへの変更、飛行制御用フィンの追加、実験機取付部, 安定翼取付部や点火モータの増強、MNTVCの除去と推力方向が重心を貫くように2.9度のカント角でのノズルの固定化、及びM-Vロケット 4号機の失敗を受けたノズルスロートの3D-C/C材への素材変更、以上5項目の改修が施されている。4機が製造され、2002年以降ウーメラ射場から2機が打ち上げられ、1機(2005年)が成功している。打ち上げには鹿児島宇宙空間観測所(現内之浦宇宙空間観測所)に保管されていたラムダロケット用ランチャを改修し、ウーメラ射場へ搬送され用いられた。他に地上燃焼試験で2001年と2007年(2回)にも使用された。

諸元編集

  • 全長:9.998m (ロケットモータ部8.12m)
  • 重量:4.7t
  • 到達高度:18km
  • 搭載重量:2t
  • 燃焼時間:50s

脚注編集

  1. ^ ロケットニュース2013年12月” (日本語). 2015年10月17日閲覧。
  2. ^ a b c d NAL-7、-16、-16・31D型ロケット” (日本語). 文部科学省. 2015年10月17日閲覧。
  3. ^ NAL-7-Pロケットの強度および燃焼試験結果” (日本語). 航空宇宙技術研究所. 2015年10月17日閲覧。
  4. ^ NAL-16・31D型ロケットの研究試作” (日本語). 航空宇宙技術研究所. 2015年10月17日閲覧。
  5. ^ 谷, 喬「NAL-16 ロケットの空力性能」『日本航空学会誌』、日本航空学会、1966年3月。
  6. ^ a b NAL-25・31ロケット” (日本語). 2015年10月17日閲覧。
  7. ^ NAL-25” (英語). Encyclopedia Astronautica. 2015年10月17日閲覧。
  8. ^ NAL-25” (英語). Encyclopedia Astronautica. 2015年10月17日閲覧。
  9. ^ a b NAL-16・31およびNAL-25・31二段ロケット結合部の曲げ剛性試験” (日本語). 2015年10月17日閲覧。

関連項目編集