オブジェクト定義言語

ODLから転送)

オブジェクト定義言語 (オブジェクトていぎげんご、ODL: Object Definition Language) は、Object Data Management Group (ODMG) のオブジェクトモデルに適合するオブジェクトに適合するインタフェースを定義する仕様言語である。 ODLは、ODMGによって開発され標準仕様として公開された。

ODLの目的は、実体関連図 (ER図) の構造を定義することである。

言語編集

クラス定義編集

interface インターフェイス名 {
  属性_1 属性_2関係_1 関係_2メゾッド_1 メゾッド_2}

属性の定義編集

attribute  属性名 ;

関係の定義編集

relationships レンジ型 関係名 ;

ODLによる定義例編集

interface Customer {
  attribute string name ;
  attribute integer ss# ;
  attribute Struct Addr {string street, string city, int zip} address ;
  relationship Set<Loans> borrowed inverse Loans::borrower ;
  relationship Set<Branch> has-account-at inverse Branch:patrons ;
  key(ss#)
}

関連項目編集