Pケルト語とはケルト語派に属する言語の一部である。

古代ギリシア時代にヨーロッパの中部から拡散していったケルト人という民族の共通言語が、年代を経るうちに現代ケルト諸言語に分かれていった。この現代ケルト語に二派がある。すなわちアイルランド語、スコットランドのゲール語マン島語を含むQケルト語とPケルト語である。

現代のPケルト語はブリソン諸語(Brythonic)と総称され、

を含んでいる。これに対してQケルト語に属する一群をゴイデル諸語(Goidelic)と称する。

6世紀フランス語以前に、地域で支配的であったPケルト言語に属すガリア語が滅び、18世紀までには、やはりPケルト語的なコーンウォール語が滅んだ。

消滅した大陸ケルト語もPケルト語だった(ただしケルティベリア語はQケルト語だったらしい[1])。

Pケルト語をQケルト語と比べると、インド・ヨーロッパ祖語 (PIE) から受け継いだ「*kʷ」という音素が、Qケルト語では「k」のように発音されるのに対し、Pケルト語においては「p」のような発音になった。たとえば、数の「4」(PIE *kʷetwer-)は:

のように「p」が現れる。これに対してQケルト語では

のように「k」が現れる[2]

脚注編集

  1. ^ アンドレ・マルティネ『「印欧人」のことば誌―比較言語学概説―』神山孝夫訳、ひつじ書房、2003年、104頁。ISBN 4894761955
  2. ^ 高津春繁『印欧語比較文法』岩波全書、1954年、43-44頁。