メインメニューを開く

PLOS (Public Library of Science、旧略称:PLoS[2])は、オープンアクセス学術雑誌科学文献英語版を発行する出版社、または学術雑誌のオープンアクセス化を推進するプロジェクトである。2003年10月の学術雑誌 「PLOS バイオロジー英語版」の初号刊行を皮切りに、2012年現在、査読付き学術雑誌7誌を発行する[3]。日本語では公共科学図書館と訳されることもある[4][5]

Public Library of Science
PLOS logo 2012.svg
Public Library of Science screenshot, December 2012.png
URL PLoS.org
使用言語 英語
タイプ 学際
アレクサ
ランキング
ネガティブな増加 91,030 (2012年8月)[1]
営利性 非営利
設立日 2001年
現状 稼働中

目次

歴史編集

 
オープンアクセスであることを示すロゴ

2001年に、スタンフォード大学の生化学者であるパトリック・O・ブラウンと、カリフォルニア大学バークレー校計算生物学者でハワード・ヒューズ医学研究所の研究者でもあるマイケル・アイセン英語版が中心となって立ちあげられた。当初はあらゆる学術雑誌の全文に、誰でも自由に無料でアクセスできるようにするよう呼びかけるプロジェクトであった。「BioMedセントラル英語版」などがこれにすぐ応えてオープンアクセス化を進めた他、「米国科学アカデミー紀要」 (PNAS) 誌などが、発行後半年以上経過した記事をオープンアクセスにした。その他の多くの出版社は、著者自身が未定稿版 (プレプリント英語版) などを公開するセルフアーカイブに頼り続けていた。

出版活動は、2003年8月13日に1冊目の査読付きのオンライン科学雑誌である「PLOS バイオロジー英語版」を発行し、その後も医学計算生物学遺伝学などの専門雑誌を立ち上げた。2006年に創刊した「PLoS Clinical Trials」は、同年に発行を開始した「PLoS ONE」に吸収される形で発行を休止した。

ライセンス編集

PLOS から発行される学術雑誌はオープン・アクセス・コンテンツであり、すべての著作は「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示)」のもとで利用可能である。なおクリエイティブ・コモンズ財団のローレンス・レッシグも、PLOS理事会の一員として名を連ねている。

資金源編集

PLOSの雑誌に投稿する際には、著者または著者が所属する研究機関が投稿料を支払う必要があり、PLOSはそれを雑誌発行の資金としている。

ゴードン&ベティ・ムーア財団英語版サンドラー財団英語版から2006年に約1300万米ドルの資金援助を受けるが[6]、2011年7月時点で、その補助金に頼らず運営費をまかなえるようになったとしている[7]

雑誌編集

創刊順

  • en:PLOS BiologyISSN 1544-9173; 2003年[8]
  • en:PLOS MedicineISSN 1549-1676; 2004年[9]
  • en:PLOS Computational BiologyISSN 1553-7374; 2005年[10]
  • en:PLOS GeneticsISSN 1553-7404; 2005年[11]
  • en:PLOS PathogensISSN 1553-7366; 2005年[12]
  • en:PLOS Neglected Tropical DiseasesISSN 1935-2735; 2007年10月[13]
  • en:PLOS Clinical TrialsISSN 1555-5887; 2006年5月創刊後、「PLOS ONE」に統合[14]
  • en:PLOS ONEISSN 1932-6203; 2006年12月、同年創刊の「PLOS Clinical Trials」を取り込む[注釈 1]
  • en:PLOS Hub for Clinical Trials」; 2007年第3四半期[15]
  • en:PLOS CurrentsISSN 2157-3999; 2009年8月[16]

拠点編集

PLOSはサンフランシスコ市内で創業の地[17]が手狭になったため移転、2010年6月21日からリーバイス・プラザで本部業務を開始した[18][19]

またイギリスケンブリッジにも編集局を設けている[要検証]

関連文献編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 日本の研究者が掲載した論文の例。
    • 阪野正大 (2011). A case control association study and cognitive function analysis of neuropilin and tolloid-like 1 gene and schizophrenia in the Japanese population. [s.n.]. 
    • 小出隆義 (2012). Common variants in MAGI2 gene are associated with increased risk for cognitive impairment in schizophrenic patients. [s.n.]. 
    • 古村香里 (2012). Prospective study on the association between harm avoidance and postpartum depressive state in a maternal cohort of Japanese women. PLOS. 
    • 森岡正貴 (2012). Microtubule dynamics regulate cyclic stretch-induced cell alignment in human airway smooth muscle cells. [s.n.]. 
    • 勝又竜 (2013). C-Abl inhibition delays motor neuron degeneration in the G93A mouse, an animal model of amyotrophic lateral sclerosis. [s.n.]. 
    • 菅沼伸一 (2013). STIM1 regulates platelet-derived growth factor-induced migration and Ca[2+] influx in human airway smooth muscle cells. [s.n.]. 
    • 早川徳香 (2013). The postpartum depressive state in relation to perceived rearing : a prospective cohort study. [s.n.]. 
    • 小原圭 (2013). Involvement of girdin in the determination of cell polarity during cell migration. [s.n.]. 
    • 池中建介 (2013). Dnc-1/dynactin 1 knockdown disrupts transport of autophagosomes and induces motor neuron degeneration. [s.n.]. 
    • 大岡史治 (2013). The global DNA methylation surrogate LINE-1 methylation is correlated with MGMT promoter methylation and is a better prognostic factor for glioma. [s.n.]. 
    • 稲見恵理 (2013). Role of palladin phosphorylation by extracellular signal-regulated kinase in cell migration. [s.n.]. 

出典編集

  1. ^ Plos.org Site Info”. Alexa Internet. 2012年8月2日閲覧。
  2. ^ David Knutson (2012年7月23日). “New PLOS look”. PLOS BLOG. Public Library of Science. 2012年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月6日閲覧。
  3. ^ Journals”. plos.org. 2012年4月17日閲覧。
  4. ^ 米国: 法案FRPAA2012、10機関が支持”. 科学技術振興機構 (2012年2月16日). 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ PLoS (Public Library of Science)”. デジタル・クリエイターズ連絡協議会. 2012年9月8日閲覧。
  6. ^ Declan Butler (June 2006). “Open-access journal hits rocky times”. ネイチャー 441 (7096): 914. doi:10.1038/441914a. PMID 16791161. http://www.nature.com/nature/journal/v441/n7096/full/441914a.html. 
  7. ^ 2010 PLoS Progress Update”. Blogs.plos.org (2011年7月20日). 2012年2月27日閲覧。
  8. ^ PLOS, ed (2003). PLoS biology. San Francisco, CA. OCLC 1066749273. 
  9. ^ PLOS, ed (2004). PLoS Medicine. OCLC 818994408. 
  10. ^ PLOS ; International Society for Computational Biology, ed (2005). PLoS computational biology. 
  11. ^ PLOS, ed (2005). PLOS genetics. Public Library of Science. OCLC 644354771. 
  12. ^ PLOS, ed (2005). PLOS pathogens. Public Library of Science. OCLC 901013931. 
  13. ^ PLOS, ed (2007). PLoS neglected tropical diseases. OCLC 972055012. 
  14. ^ PLOS, ed (2007). PLoS hub for clinical trials. 
  15. ^ PLOS, ed (2007). PLoS hub for clinical trials. OCLC 228234657. 
  16. ^ PLOS ; アメリカ国立衛生研究所 ; PubMed Central, ed (2009). PLoS currents. OCLC 920407748. 
  17. ^ Contact”. Internet Archive Wayback Machine. PLoS (2008年3月10日). 2008年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月4日閲覧。
  18. ^ Contact”. PLoS. 2012年3月4日閲覧。
  19. ^ Allen, Liz (2010年6月16日). “PLoS San Francisco office is moving”. PLOS. 2012年3月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集