Professional Fighters Leagueプロフェッショナル・ファイターズ・リーグ、略称:PFL)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。

Professional Fighters League
競技総合格闘技
創立2012年 (12年前) (2012)
オーナーMMAX Investors
代表ピーター・マレー英語版 (CEO)
会長レイ・セフォー (社長)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テレビ局ESPN
公式サイト公式サイト

概要 編集

K-1で活躍したレイ・セフォーが社長を務める団体。独自のシーズン制とポイント制を敷き、UFCBellator MMAに次ぐ第三の団体として、ベテランから若手まで実力者を集め着々と団体規模を広げつつある。

2012年、NBC Sports Networkとテレビ契約を結び前身のWorld Series of Fighting(WSOF)が創立。

2013年、海外で展開するブランドとしてWSOF GCを設立。日本、中国、フィリピン、ニカラグアなどで大会を開催した。

2017年、MMMAX InvestorsがWSOFの支配権に必要な株式を獲得し[1]、名称をProfessional Fighters League(PFL)に変更。

2018年6月7日、Huluシアター・アット・MSGでPFLとしての第一回大会を開催。同年12月31日に、6階級でシーズン優勝戦が行われ、優勝者には賞金100万米ドルが授与された[2]

2019年2月、ESPNとテレビ契約を結んだことが発表された。

2022年、新たにPFLチャレンジャーシリーズ英語版を新設。

2023年11月20日、総合格闘技団体Bellator MMAを買収したことが正式に発表された[3]

2024年2月24日、サウジアラビアリヤドのキングダムアリーナでリヤドシーズンの一環でPFLとBellatorの王者同士の対抗戦を中心としたPFL vs. Bellator: Champsを開催。対抗戦の勝者には元プロボクサーのマイク・タイソンから対抗戦用に作製された特別ベルトが贈呈された(PFL側1勝、Bellator側4勝)。

ルール 編集

競技ルールは、ニュージャージー州アスレチック・コミッションが制定した統一ルール(通称:ユニファイドルール)で執り行われる。試合場は十角形のケージ(金網)を使用している。

ポイント制 編集

各シーズンごとに選手は各階級でポイントを競い合い、上位8選手がプレーオフに進出する。ポイントシステムは、試合の勝者は3ポイント、敗者は0ポイント、引き分けの場合は1ポイントを獲得する。また1ラウンドで試合を決着させれば3ポイント、2ラウンドは2ポイント、3ラウンドは1ポイントのボーナスポイントを獲得できる。

階級・王座 編集

参戦選手 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集