メインメニューを開く

RBMK-1000は、ソ連が開発した、電気出力100万kWの商業用発電原子炉で、炉型は黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉である。RBMKとはロシア語Reaktor Bolshoy Moshchnosti Kanalnyy(hi-power pressure tube reactors、高出力圧力管原子炉)のアクロニムである。ロシア語ではРБМКРеактор Большой Мощности Канальный)と表記される。英語ではLWGR(Light Water cooled Graphite moderated Reactor、軽水冷却黒鉛減速炉)である。後ろの数字は大まかな出力を示し、RBMK-1000とは100万kW級RBMKを意味する。ウクライナチェルノブイリ原子力発電所の4号炉が事故を起こしたことで有名な原子炉。いわゆるソ連型

RBMK-1000には原子炉格納容器が無いことで知られる。黒鉛軽水とくらべて中性子減速能が劣るため、十分な減速能を得るために黒鉛炉の炉心は大きくならざるを得ない。実際には外径で14.8mであり、軽水炉の4m~6mよりはるかに大きい。このため原子炉全体ではなく、蒸気配管の一部のみが格納されているに過ぎない。また、その構成上、原子炉は複数の棒状の構造物(ブロック)で構築されており、一般に「炉」と言われて想像されるような容器形の構成物はない。

この型の原子炉は低出力領域において正の反応度出力係数を持っており、これを補償するために、設計者は原子炉内に常に一定の本数の制御棒を挿入しておく事を求めた。このことは運転規則に明記されたものの、これを保障するための制御棒引き抜き本数に連動した警報装置、及び緊急停止装置などは設けられなかった。1986年4月26日チェルノブイリ原子力発電所4号炉では、蒸気タービンの惰力運転試験を実行するために、原子炉は蒸気タービンから切り離され、出力を下げられていた状態であった。しかし、再試験の際、出力を上げようとして規定以上の制御棒を抜いてしまった。そのため原子炉出力が急上昇し、それを非常停止させようと制御棒を一斉挿入した際、爆発に至った。また、同炉では制御棒の完全挿入までに18秒以上も掛かる仕様であったため、制御が間に合わなかったとされる。日本の軽水炉における完全挿入までの時間は、2秒から4秒程度である。

主な仕様編集

  • 熱出力:320万kW
  • 電気出力:100万kW
  • 制御棒:221本
  • 制御棒完全挿入:18秒以上
  • 黒鉛ブロックのサイズ:幅25cm×奥行25cm×高さ60cm
  • 黒鉛ブロック中央の穴直径:11.4cm
  • 黒鉛ブロック数:221本
  • 炉心サイズ:11.8m×7.0m
  • 圧力管数:1661本
  • 燃料:2.0%低濃縮ウラン

関連記事編集