SGプラニッツSG Planitz)は、かつて東ドイツに存在したサッカークラブ。プラニッツ(現・ザクセン州ツヴィッカウの一部)を本拠地とした。

歴史編集

1945年プラニッツSGPlanitzer SG)を前身として創設された。1947年から1948年にかけてのシーズンで、ソ連占領地区の優勝を収めた。その後、各占領地区の代表による全ドイツ大会に出場したが、1.FCニュルンベルクに敗れた。1950年BSGアクティヴィスト・シュタインコーレ・ツヴィッカウBSG Aktivist Steinkohle Zwickau)と合併して消滅した。