メインメニューを開く

ITU-T勧告T.50は、7ビットラテン文字文字コードの一種であるInternational Reference Alphabet(IRA、国際参照アルファベット)について定めた国際規格である。IRAは、かつての名称であるInternational Alphabet No. 5(IA5)とも呼ばれる。これより前に制定されたASCIIが、この文字コードのアメリカ合衆国版変種となるように定められた。

1988年11月より、ISO 646に対応している。現行のバージョンは1992年9月に制定された。

歴史編集

IA5が制定されるより前には、5ビットの文字コードであるITA2(International Telegraph Alphabet No.2)が使われていた。IA5は7ビットの文字コードとして実装され、1976年10月にCCITT勧告V.3として制定された。1984年に勧告名がT.50に改められた。

  • T.50(1992年9月改訂、現行)
  • T.50(1988年11月改訂)
  • T.50(1984年10月改訂)
  • V.3(1980年11月改訂)
  • V.3(1976年10月制定)

使用例編集

この規格は、 RFC 3966RFC 3939 などから参照されている。

また、シスコなどのアナログモデムで使用されている[1]

出典編集

外部リンク編集