TC-1天剣1型、中国語:天劍一)は、中華民国の短距離の赤外線誘導空対空ミサイルである。このミサイルは、撃ち放し能力とレーダーによるスレーブ能力を持っている。

翼端に天剣1型をつけたF-CK-1A清泉崗空軍基地英語版
天剣1型(空対空ミサイル)

赤外線画像シーカー、高性能弾頭、固体燃料モーターと誘導制御装置で構成されている[1]。シーカーは二重スペクトル赤外線を使用し、探知距離は18.5kmである[2]。TC-1は、捷羚防空システム地対空ミサイルとしても使用されている[3][4]

開発編集

天剣1型は1980年代半ばに開発され、1986年5月に台湾初の国産空対空ミサイルとして発表された[5]。1991年に生産が開始され、1993年には空対空版が中華民国空軍に配備された。アメリカ合衆国AIM-9(台湾でも使用中)と顕著な類似性を持ち、F-16に搭載されるAIM-9と同様の役割を国産防衛戦闘機で果たしている。

2017年、NCSISTは大口径モーターを搭載したTC-1の派生型を展示した[6]

運用履歴編集

天剣1型は、2019年の台湾東海岸沖訓練で採用された[7]

運用国編集

派生型編集

TC-1L
 
捷羚対空システム
捷羚防空システム用の地上発射型である[8]
Sea TC-1
 
海剣羚ミサイルランチャー
海剣羚システム用に開発されたSea TC-1は、改良されたシーカー、データリンク、ロケットモーターを備えている[9]

参照編集

  1. ^ NCSIST”. www.ncsist.org.tw. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ IR Seeker (Sky Sword I)”. cmano-db.com. CMANO. 2019年8月1日閲覧。
  3. ^ http://missiledefenseadvocacy.org/air-defense/air-defense-of-u-s-partners/allied-air-defense-systems/the-antelope/
  4. ^ https://www.armyrecognition.com/taiwan_taiwanese_missile_vehicle_system_uk/antelope_tien_chien_1_tc-1_surface-to-air_defense_missile_system_technical_data_sheet_specifications.html
  5. ^ Jane's Weapon Systems. F. Watts. (1987). https://books.google.com/books?id=VHcSAQAAMAAJ 
  6. ^ Cheng Jiawen. “國造海劍羚艦對空飛彈 預計111年服役”. udn.com. UDN. 2019年5月8日閲覧。
  7. ^ Evelyn Kao. “Taiwan holds live-fire drill along east coast”. focustaiwan.tw. Focus Taiwan. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ Antelope Air Defense System”. www.ncsist.org.tw. National Chung Shan Institute of Science and Technology. 2019年4月1日閲覧。
  9. ^ Minnick. “Taiwan Defense Show Exhibits New Weapons”. www.defensenews.com. Defense News. 2019年4月1日閲覧。

関連項目編集

類似武器

外部リンク編集