TLCS-12A (Toshiba LSI Computer System 12A[1], T3190) は東京芝浦電気が1975年に発表した12ビットマイクロプロセッサ。同社が1973年に発表したTLCS-12の機能・性能改善版にあたる[1]。TLCS-12はもともとはフォードの車載用エンジンの制御(エンジンコントロールユニット)用に開発され、その要求される精度から当時の一般的な8ビットではなく12ビットの命令セットになった[2]

アーキテクチャ編集

TLCS-12Aは12ビットの汎用レジスタを8ワード持つ。そのうち6個をマルチプルアキュムレータ、インデックスレジスタ、アドレスポインタとして使用でき、残りはプログラムカウンタと割り込みマスクや演算結果のフラグステータスを示すプログラム・ステータス・ワードとして使われる。レジスタ、メモリI/Oアドレスは同一のアドレス空間に割り当てられており、8個のアドレスレジスタはアドレス 0x0 - 0x7、I/Oレジスタは任意の数を任意のアドレスに割り当てることができる。

TLCS-12Aは4KビットのROMを内蔵したマイクロプログラム方式で、乗除算命令はこれによってサポートされている[3]

評価ボード編集

TLCS-12Aの学習、評価、研究、組み込み用に次の評価ボードが発売された。特にEX-0 (experimental use model 0) は日本電気のTK-80に先行して発売され、テレタイプ端末を必要としないワンボードマイコンとしては早期のものであった。

TLCS-12A EX-0編集

128ワードのRAMと512ワードのROMを搭載。外部メモリやDMAの拡張性はない。入出力はディップスイッチLED表示。オプションでテレタイプインターフェースを増設可能。1976年4月発売。標準価格は99,000円。[1]

TLCS-12A EX-12/10編集

2KワードのRAMを搭載。ROMはオプション。割り込みラッチユニット (T3219) 、DMA (T3555) 、テレタイプインターフェースを標準搭載。入力はディップスイッチ、出力はオプションのコントロールパネル。9V発生回路を内蔵し、+5Vと-5Vの電源のみで駆動可能。1977年1月発売。標準価格は185,000円。[1]

TLCS-12A EX-12/5編集

256KワードのRAMを搭載。ROMはオプション。外部にDMA、増設ROM、増設RAM、テレタイプインターフェースを増設可能。1977年5月発売。標準価格は77,000円。[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 林大雅「東芝 TLCS-12A EX-0」『マイコンキット活用ブック』安田寿明、工業調査会、1977年、44-51頁。
  2. ^ 1973年 エンジン制御用12ビットマイコン開発(東芝) ~集積回路~ - 日本半導体歴史館”. 半導体産業人協会 (2010年9月24日). 2016年11月8日閲覧。
  3. ^ 岡田義邦、他『汎用マイクロプロセッサ』丸善、1980年、228頁。