Tasman(タスマン)は、マイクロソフトMacintosh Business Unitが開発していたHTMLレンダリングエンジンInternet Explorer 5.0 Macintoshで初めて導入され[1]、それ以外ではEntourage 2001[2]と2004[3]、MSN for Mac OS X[4]で採用されていた。

Tasmanの導入当時はWindows用のInternet Explorerが導入していたTridentと比較して、より多くのウェブ標準をサポートしていたことで知られている。Tasmanの導入によって以前に比べより高速で高品質なページ表示が可能になり、画面解像度などWindowsとMacの違いが解消した[要出典]

Tasmanという名称の由来は、Internet Explorerの日本語: 探検家 - Explorerに因み、オランダの探検家のアベル・タスマンに由来し、開発チームのオフィスが所在する通りがTasman通りと呼ばれていることにも由来している[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ [M_IE5] Internet Explorer 5.0 リリース ノート”. マイクロソフト. 2008年3月30日閲覧。
  2. ^ Microsoft Macintosh Business Unitへのインタビュー(MacNN)”. 2005年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年3月30日閲覧。
  3. ^ Entourage: A journey to becoming an Office application
  4. ^ Tantek Çelik resumé
  5. ^ 米国開発者の語る Macintosh版IE5.0”. Impress Watch (2000年2月18日). 2010年11月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集