テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

記事内において、翻訳が必要な節の最上部[1]に加えてください。

使用例編集

以下のように使うことができます。:

{{節翻訳stub}}

日付を追加することもできます。:

{{節翻訳stub|date=2020年10月}}
{{節翻訳stub|{{subst:DATE}}}}

翻訳を特に要求する部分を書くことができます。:

{{節翻訳stub|1=例と出典|date=2020年10月}}

複数ある場合は箇条書きにもできます。:

{{節翻訳stub|1=<nowiki />
* (例)英語から日本語への翻訳
|{{subst:DATE}}}}

(<nowiki />がないとうまく表示されないということはありませんが、念のため指定内容が3つ以上あるなど、長くなる場合は該当記事のノートなどを使ったほうが良いでしょう。

カテゴリ編集

このテンプレートを使用した場合はCategory:翻訳中(隠しカテゴリ)に自動的に分類されます。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 以前のテンプレートは節の最後部に加えるものだったために節の最後部に貼り付けられているテンプレートが数多く存在します。