メインメニューを開く

The Unix-Haters Handbook は Unix-Haters メーリングリスト に投稿されたメッセージをユーモアを交えて編集した書籍である。編集者はシムソン・ガーフィンケル英語版、ダニエル・ワイズ、スティーブン・シュトラスマン。1994年に出版された。

The UNIX-HATERS Handbook
著者
出版社 IDG
出版日 1994
ISBN 1-56884-203-1
OCLC 30681401

2003年に電子形式で無料でダウンロードできるようになった。[1]

内容編集

Unix ユーザーの不満をテーマとしている。当時多くのユーザーが他のシステムから Unix へ移行してきており、彼らは前のシステムの方が計算機科学的に洗練されていると感じ、Unix とそのソフトウェアが内包する worse is better (悪いほうが良い)という哲学に多大な不満を感じていた。

今となってはこの本はやや古くなっている。題材の多くは1990年ごろのものであり、言及されている問題の多くはすでに存在しない。例えば、ジャーナリングファイルシステムが無いことに不満をあげたり、グラフィカルユーザーインターフェースは Unix にとって自己矛盾であると述べているが、これらは今では標準的になっている。また、多くの不満がコマンドラインインタフェースの不規則性についてである。これらの不満が投稿されたのは Linux が普及する以前であり、したがって槍玉になっているのは当時存在していた数種類の商用 Unix であるが、それらのほとんどはもう存在しない(商用 Unix 間の一貫性のなさもこの本の不満の大部分を占めている)。しかし、Linux による一見寡占的な状況は、各種の Unix がある、という状況を変化させただけであり、(GNU/Linux という語もあるように Linux ではなく GNU のおかげで、GNU Coreutils に代表される GNU プロダクトでの共通性などはあるものの)コマンドライン引数類の不規則性は Linux になったからといって、他の Unix と違う所があるかと言えばほとんど全く無いので、そのあたりはあいもかわらず通用する。

この本はペーパーバックとして出版された。表紙のデザインは叫び (エドヴァルド・ムンク)のパロディになっている。「UNIX barf bag」(UNIX ゲロ袋)と書かれたエチケット袋が裏カバーの内側に印刷されている。

巻頭のForeword(献辞)にはこうある: 「ケンとデニスへ。彼らがいなければこの本はありえなかった」。これはケン・トンプソンデニス・リッチーを指している。その後のPreface(前書)に続いて、デニスが寄せたAnti-Foreword(反-献辞)も掲載されている。

参考文献編集

  1. ^ "The Unix-Haters Handbook" WWW Page” (2004年11月5日). 2008年3月17日閲覧。

外部リンク編集