V・R・ネドゥンチェリヤン

V・R・ネドゥンチェリヤンநெடுஞ்செழியன் : V.R. Nedunchezhiyan、1920年7月11日 - 2000年1月12日)は、インド政治家。主にタミル・ナードゥ州の政治に参画した。州内閣において財務大臣と二度の州首相代行を務めた。

生涯編集

ネドゥンチェリヤンは1920年7月11日にティルッカンナプラムにおいて生まれた。

アンナーマライ大学にて学んでいた時、政治を志し、1944年ドラヴィダ人協会に参加した。 その後1949年には、C・N・アンナードゥライらと共に離脱して、ドラーヴィダ進歩党を結成する中心人物のひとりとなった。 同党が政権を担うに当たって州財務大臣を務め、アンナードゥライが死去した1969年2月3日から2月10日には臨時の州首相代行を務めた。

その後全インド・アンナー・ドラーヴィダ進歩党に移り、M・G・ラーマチャンドランが死去した1987年12月24日から1988年1月7日には再び臨時の州首相代行を務めた。

妻のヴィサラクシとの間に、ひとりの息子を授かった。 2000年1月12日に心臓病により病院で死去した。

関連項目編集