Well-defined

数学用語

数学におけるwell-defined[注釈 1](ウェル・ディファインド)は、「定義によって一意の解釈または値が割り当てられる」ことを言う[2]

定義編集

ある定義がwell-definedであるのは次の二命題が示されたときである[3]

実際に成立する
(定義で)示された表式が成立しない場合[注釈 2]、well-definedであるとは言えない。
経由する中途の表式に依存しない
往々にして、(数学上の)定義はいくつもの表式を経由する[注釈 3]。このとき、最終的な結論が中途の表式に依存している場合[注釈 4]、well-definedであるとは言えない。

つまり定めた対象が一意に存在しているとき、well-definedであるという。

代数学的定義編集

写像と定義域上の同値関係に対して、次のように数式を用いて記述することもできる。 集合X上の同値関係写像f: XYに対して

xxならばf(x) = f(x)

が任意のx, xXに対して成立するとき、写像fは関係に関してwell-definedであると言う[5] (参照: 同値関係のもとでのwell-defined性英語版準同型定理フランス語版)。

編集

実数a > 0xの定義を考える。 x有理数の場合に良く定義されているとして、x実数の場合に定義を拡張したいとする。 このときxに収束する有理数列{xn} 
n = 1
 
を用いて

ax := limn → ∞ axn

と定義する場合、well-defined性が問題になる[3]。 実際は、そのような{xn}を取ることができるし、右辺の極限は収束して極限値は{xn}の取り方によらずに一意に定まる (特にxが有理数のとき、もともとの定義と一致する)[6]。 したがってこの定義はwell-definedである。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「容易く理解できる」といった意味の英語形容詞である(反意語ill-defined[1]
  2. ^ 例えば極限値を用いた定義で、そもそも極限が存在しない場合など[3]
  3. ^ 例えば交わる二直線の狭角に関する定義で、その交点に(便宜的な理由から)新しい名前を付けるなど[4]
  4. ^ 前注釈の例を引き継いで述べると、用意した交点の位置(や名前)が変わると最終的な(定義の)結論が変わってしまう場合。

出典編集

  1. ^ oxf 2015, well-defined.
  2. ^ Weisstein 2008.
  3. ^ a b c 雪江 2010, p. 10.
  4. ^ 数セミ 1999, p. 53.
  5. ^ 横田 1976, p. 60.
  6. ^ Denlinger 2011, p. 282.

参考文献編集

  • Denlinger, Charles G. (2011). Elements of Real Analysis. Jones and Bartlett. ISBN 978-0-7637-7947-4 
  • (英語) オックスフォード現代英英辞典 (9 ed.). オックスフォード大学出版局. (2015) 
  • Weisstein, Eric W. (2008年6月1日). “Well-Defined -- from Wolfram MathWorld”. 2021年3月27日閲覧。
  • 雪江 明彦『代数学1 群論入門』日本評論社、2010年11月25日、初版(日本語)。ISBN 978-4-535-78659-2
  • 横田 一郎『例題が教える群論入門』現代数学社、1976年11月20日、初版(日本語)。NCID BN03365362
  • 『数学の言葉づかい100』数学セミナー編集部、日本評論社、1999年4月25日、初版(日本語)。NCID 4-535-606130-7

関連項目編集