メインメニューを開く

Wikipedia‐ノート:スタイルマニュアル

このページは一度特定版削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/GFDL上問題のある関連文書」をご覧ください。



ここはスタイルマニュアルについての議論の場です。改定について合意が得られた場合には、Wikipedia:スタイルマニュアル本文および関連するガイドラインを修正してください。

過去ログ編集

終了した議論や最後のコメントから時間が経過したものは過去ログ化されます。もちろん、過去ログ化された議論でも再提示できます。そのときには、その後の議論を円滑にするために過去ログの位置とそれまでの議論の簡単なまとめを記述するようにしてください。

  • 過去ログ 2004年9月13日まで - 日本語表記法、日本語環境、人物伝についての移動、スタイルマニュアルについて、敬称について
  • 過去ログ 2005年4月18日まで - 和暦と西暦、「読み」のつけ方、別名を併記する場合、リンク、関連項目、「よみ」はボールドか否か、韓国・朝鮮関係人名の日本語読み、訃報のニュースの敬称、スタイルマニュアルを改稿、導入部で作品名に『』をつけるか
  • 過去ログ 2006年8月1日まで - 数字と単位の間のスペーシングおよびSI単位を使うことについて、作品リストの「文献名・作品名」、「!」「?」のあとに半角スペースを、読みがな記載法の統一を、月日の書き方について、国名のスタイルについて、「博士」「名誉博士」を付記するかどうか、ルビについて、同一記事への多重リンクの是非につきまして、書籍の検索リンク(ISBNの使用)に関しての確認、段落分け、導入部、言語間リンク・カテゴリ、参考文献をレイアウトの指針に移動、Topicpath、文献名・作品名について、段落の各行を改行する、所在地の表記などについて、ローマ数字他機種依存文字の表記について、欧文(英文)のタイトル、和暦の年に関するリンクについて
  • 過去ログ 2009年4月10日まで - 数字の桁区切りのコンマ、 文献名・作品名について その2、 強調の多用について、 かなづかいのこと、 「参照」「参考」の誘導文について、 和暦・西暦の併記について、 編集案内囲みの表記法および表記順、 放置されている統合提案、 旧仮名遣いの作品、 段落の長さについて、 section=newによって生成される節とスタイルマニュアルの齟齬、 脚注について、 関連項目について、 差し戻しと再加筆について、 作品リストの括弧についての提案

関連項目の位置編集

節・セクション節の「関連項目の節と外部リンクの節は、記事の最後に置きます。両方あるときには、関連項目を先に、外部リンクを後にします。」という記述に関して、Wikipedia‐ノート:レイアウトの指針#関連項目の位置で問題提起しています。当該記述の文面を変更する可能性もあります(私はその方がいいと思っています)ので、関心のある方は是非ご意見お願いします。--Penn Station 2009年8月10日 (月) 08:52 (UTC)

  情報 リンク先議論は「Wikipedia‐ノート:スタイルマニュアル (レイアウト)」の過去ログ に移動されています。後の参考のため付記するものです。--朝彦会話) 2012年12月25日 (火) 11:15 (UTC)

見出しの長さを規定する文言の提起編集

先だって、長文を見出しとして使われる事例が発生しました。このページの目次を見ていただけますと分かりますが、40文字を超える文章を見出しを多用し、300文字を超える見出しまで使われています。一般的にこのような見出しの使い方は想定されていないのでしょうが、規定が無く、問題が生じたときに説得しづらい状況でした。長い見出しは、(1)要約欄がそれで埋まってしまう、(2)内部リンクを付けにくい、(3)他の利用者が見づらい、(4)目次が目次の役目を果たせなくなるなどのデメリットがあると思います(井戸端のこの項目にてコメントを頂きました)。「見出し」の項目において、「見出しはなるべく短く簡潔に、多くても40文字以内にまとめてください」などの文言を盛り込めないものでしょうか。--ClimaScience会話) 2012年9月26日 (水) 14:19 (UTC)

おそらく話題として枯れておりますが一応コメント。あまりに長過ぎる見出しの弊害は常識で判断できるものであり、また今回の提起の理由が1名のブロック済み利用者の行動によるものに過ぎないので、指示の肥大化を避ける観点からも、個人的な意見としてはあまり乗り気ではありません。しかし、同様のケースが今後あまりに多く発生して再びこの変更の必要性が高まるようなことがあればそのときに再検討していいのではないでしょうか。なお後の参考のために記しますが、井戸端の議論は「Wikipedia:井戸端/subj/ノートの長い見出しは許容されるか、また簡潔にして良いか。」にてサブページ化されています。--朝彦会話) 2012年12月25日 (火) 11:07 (UTC)

本文中の追加面について編集

過去、Wikipediaのアクセス不能トラブル発生時辺りにて、追加面の文字が直接ソースに記載されていた部分が、「数値文字参照で言う16進数のうち下4桁しか残っていない文字」に変化したことがありました(私が見たことのあるものは番組表あるいは囲み文字だったかと思いますが、数年前のことでトラブル時にログも消えているようで具体的な証拠がわかりません)。変化した症状は例えば「U+23000」なら「U+3000」といったように、下4桁の分だけはそのまま残る形での変化でした。しかしWikipedia側のトラブル時にこうしたソース破損があったのなら、それは編集で発生したトラブルとは異なり、どこでどうソースが壊れたのか因果関係がわからないまま、壊れたソース=間違った内容に気づかない状態で編集を進めてしまう可能性も考えられます。この問題は、本文中の追加面を数値文字参照にて記載することで解決できますが、ソース破損防止の目的のため、追加面の文字は数値文字参照で書くようスタイルマニュアルに掲載できないでしょうか?--ケイ20003会話) 2012年12月15日 (土) 16:32 (UTC)

本文ではなくページ名に関する文書ですが、おそらくまさに「Help:ページ名#Unicode文字の使用可能範囲」で言及されているケースが実際に発生したのではないでしょうか。記事名については使用しないこととなっていますが、本文についてどうしても追加面の使用が必要な場合はおっしゃる通りの書き方をした方が良さそうです。--朝彦会話) 2012年12月25日 (火) 10:47 (UTC)

HTML5有効化に伴うルビ許容の提案編集

今年9月に実行されたHTML5出力有効化を受けて、「Template‐ノート:ルビ#spanを用いた疑似ルビから、ruby要素への移行提案」にて提案を致しました。細かな点ではありますがスタイルマニュアルの項目ひとつが関わってきますのでお知らせします。なお、本件については2005年に先行議論があります。この議論の中ではXHTML 1.0では文法違反になるから不可だという意見、Wikiマークアップに複雑で間違いやすい生HTMLタグがまぎれることに対する懸念があげられていますが、前者はHTML5移行に伴いもはや無関係、後者はテンプレートの使用により回避できると考えています。以上、よろしくお願いします。--朝彦会話) 2012年12月28日 (金) 17:38 (UTC)

既存の出典の取扱いについて合意に至ったので御報告編集

  報告 検証可能性の裏付けとなっている出典の表示の削除の問題(特にこれらがメンテナンスや整理といった名目あるいは一環として行われる問題)に対応するため、先月9月、Wikipedia‐ノート:出典を明記する#出典表示の重要性の再確認と複数付けられた出典表示の保護についてでコメント依頼を行い対応について検討が行われ、様々な御提言をいただき、WP:REFに新たに規定を追加することで反対意見なく合意されています。WP:REFには以前から出典の表示には「内容に問題がないか確認できる」「読者がさらに調べるときの参考になる」といった重要な機能があることが明記されています。方針やガイドラインに従って出典の明記を求めつつ、その一方で既に方針やガイドラインに従って適切に明記されている出典の表示を整理名目で削除するといったことは、自らの行為の根拠を自ら否定するものでメンテナンス全体に対する信頼を大きく損ないます。その後の別の観点からの議論では、出典の表示の適切な維持は当然の共通認識であり杞憂なのではという御意見も頂戴し、私の主張の提示の仕方が下手なこともあって単なる観念的な議論のように見られてしまうところもあったかもしれませんが、これらの議論提起に至るにはそれなりの具体的事実もあったわけです。今回の議論で執筆活動で活躍されている皆さんからこのようなことは当然の共通認識であるとの御意見をうかがって安心するとともに、その当然の共通認識から逸脱するような行為があれば方針ないしガイドラインの趣旨に基づいて厳正な対処が行われることと思っております。(先月の合意についてメンテナンス関連の各文書で御報告させていただいております)--W-run会話) 2013年10月6日 (日) 00:39 (UTC)

Template:cleanupとTemplate:wikifyの使い分け編集

wikifyは「マークアップをスタイルマニュアルに沿った形に修正する必要があります。」、cleanupは「ウィキペディアの品質基準を満たしていないおそれがあります。」と表示されますが、どう使い分ければいいのでしょうか?wikifyのスタイルマニュアルもcleanupのウィキペディアの品質基準もWikipedia:スタイルマニュアルにリンクされているようで使い分け方がわかりません。--Meniv会話) 2014年9月13日 (土) 14:50 (UTC)

導入部のガイドラインの反映編集

Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部)を反映するために、修正を提案します。

修正前
  • 続けて、記事の大まかな内容について触れていきます。
修正案
  • 定義に続いて、最初の節が始まるまでに記事全体の要約が示された、それ自体ひとつの小さな百科事典の記事となるようにします。

1週間待ち異論がなければ修正します。--タバコはマーダー会話) 2015年10月7日 (水) 12:31 (UTC)

反映しました。Wikipedia‐ノート:スタイルマニュアル (レイアウト)#導入部のガイドラインの反映に議論があります。--タバコはマーダー会話) 2015年10月16日 (金) 14:52 (UTC)

記事中に外部リンクを置く編集は許されるのか?編集

Wikipedia:スタイルマニュアル#節・セクションによれば、記事中には外部リンクを置かないことになっていますが、とあるアイドルファンの方が、{{External media}}を用いて記事中に外部リンクを置くことにより、このガイドラインをすり抜けようとする事案が発生しています[1]。ガイドライン的に、このような編集は許されるのでしょうか。--219.203.114.22 2017年9月9日 (土) 13:48 (UTC)

  今更コメントさせていただくのもなんですが、en:Template:External mediaを読んでください。このテンプレートは著作性のある外部メディアをコモンズ画像と同様に本文中で参照させるようにするものです。WP:MOS#節・セクションはあくまで記事に含まれる文章についての決め事であり、{{External media}}にはWP:IUPが適用されるべきです。ただし、WP:IUP#配置にもありますがこういった画像外部リンクは過剰に用いられるべきではなく、記事の文章量や内容に合わせて厳選するべきではあると思います。--stck_w (Talk/Edits) 2019年6月15日 (土) 04:42 (UTC)

シングル名への二重かぎ括弧の使用提案編集

先日、利用案内にて「シングル名にはどちらのかぎ括弧を使用したらいいのか」という趣旨の質問をしたところ、利用者:ぽたしか会話 / 投稿記録さんと利用者:Gohki会話 / 投稿記録さんから回答をいただけました。

そちらにおいてGohkiさんは、音楽業界側で明確にかぎ括弧を使い分けている例として、ビルボードジャパンが曲そのものについて言及は「」を使用、盤名についての言及(作品群としての言及)には『』を使用、というように統一していることを示していました(詳細は利用案内の該当する節を参照)。

  提案 よって、ウィキペディアでもその使い分けとなるよう「著作物名」節の文面を以下のように変更することを提案します。ここには、WP:JPE#著作物名では『作品群』「作品群の中の1曲」と読めることからここの文面をそちらに合わせようという意図も含まれています。

変更前
  • 書名、雑誌名、CDアルバム名、映画名、テレビ番組名、コンピューターゲーム名では、日本語のタイトルは『』で囲みます。欧文のタイトルは''弱い強調)で囲みます。(例:夏目漱石『坊っちゃん』(岩波文庫))
  • 作品群中の一作品として表わす場合など(雑誌等所収の記事・論文名、作品集や全集等に収録の小説・詩・エッセイ等の題名、CDシングル名、シリーズ名など)では、日本語のタイトルは「」で囲みます。(例:夏目漱石「坊っちゃん」(春陽堂刊『鶉籠』収録))


変更後
  • 書名、雑誌名、レコードやCDのタイトル名(アルバム・シングル)、映画名、テレビ番組名、コンピューターゲーム名では、日本語のタイトルは『』で囲みます。欧文のタイトルは''弱い強調)で囲みます。(例:夏目漱石『坊っちゃん』(岩波文庫))
  • 作品群中の一作品として表わす場合など(雑誌等所収の記事・論文名、作品集や全集等に収録の小説・詩・エッセイ等の題名、アルバム・シングル中の曲名、シリーズ名など)では、日本語のタイトルは「」で囲みます。(例:夏目漱石「坊っちゃん」(春陽堂刊『鶉籠』収録))

太字部分が変更箇所です。--ひむちや (会話) 2017年9月17日 (日) 05:21 (UTC)

  賛成 Wikipedia:利用案内#シングルCD・レコードのタイトルにつけるかぎ括弧についてで述べたとおりです。表記ガイド#著作物名に合わせ、作品群(複数曲を含むものなど)は『』、1曲は「」を使用するようスタイルマニュアルの例示を修正するのが良いと考えます。--ぽたしか会話) 2017年9月17日 (日) 08:35 (UTC)

1週間経過して反対意見が出なかったため、合意を得たとみなし編集します。--ひむちや (会話/投稿記録) 2017年9月24日 (日) 05:56 (UTC)

プロジェクトページ「スタイルマニュアル」に戻る。