Wikipedia‐ノート:常識なんてない

議論を追加
アクティブな議論

翻訳案編集

en:Wikipedia:Use common sense利用者:Kanbun/作業空間/Use common sense(常識をはたらかせよう)

What "Ignore all rules" meansからの更新編集

既存の"常識なんてない"を含むen:Wikipedia:What "Ignore all rules" meansの19:32, 19 September 2014版を転載し、対訳形式で訳出したものに更新しました。また、題名も合わせて変更しました。--射丸蔵会話) 2014年11月4日 (火) 12:54 (UTC)

翻訳の確認・訂正をお願いします。また、ある程度翻訳の適正さに確認が取れたら英文は除去してください。--射丸蔵会話) 2014年11月4日 (火) 13:16 (UTC)
英語版の「常識なんてない」に該当するen:Wikipedia:There's no common senseはもともと単独のページでしたが、2009年頃にen:Wikipedia:What "Ignore all rules" meansへと統合されて現在の形になったという経緯があります。一方でen:Wikipedia:What "Ignore all rules" meansに該当する日本語版の文書にはWikipedia:ルールすべてを無視しなさい/解説があり、en:Wikipedia:There's no common senseの翻訳であるWikipedia:常識なんてないと並立して2つの文書が存在していた状況ですから、Wikipedia:常識なんてないen:Wikipedia:What "Ignore all rules" meansで丸々置き換えてしまうのはちょっとチグハグな感じがします。少なくともWikipedia:”規則すべてを無視しなさい”が意味するものの目的がWikipedia:ルールすべてを無視しなさいの解説にあるのであれば、完全にWikipedia:ルールすべてを無視しなさい/解説との重複でしょう。どうするにせよ、ひとまずこの文書に関しては「常識なんかない」に戻したほうがいいのではないかと思います。あと、Wikipedia:ルールすべてを無視しなさい/解説は私論の解説文ではありますが、五本の柱の一つと密接に関係した文書でもあり多くの場所で参照される文書ですから、そちらの改定を検討されるのであればいきなり文書の書き換えから入るのではなく提案から入らないと混乱を生むのではないかと思います。--重陽会話) 2014年11月5日 (水) 23:35 (UTC)
なるほど、下調べが不足してました。私は、日本語版コミュニティのIARに対する懸念を考えた場合、この文書はそれらとの統合整理を経た上で、ガイドライン化すべきではないかとも考えています。いずれにせよ整理が必要ですね。
この場合、元のWikipedia:常識なんてないをリダイレクトから直前版に戻して、こちらは削除し、現在の翻訳文はどこかに移した方がいいのか、現在のものはスタブにしたままでおいておき、元のだけを戻すといったことでいいのか、どう対処するのが最適でしょうか?--射丸蔵会話) 2014年11月10日 (月) 02:15 (UTC)
Wikipedia:常識なんてないの履歴はWikipedia:”規則すべてを無視しなさい”が意味するものへのリダイレクト1版のみですから、単純に元の項目名へと再移動させることによって項目名を戻すことが出来ます。移動によってまず項目名を戻した上で、2011-02-11T11:56:16‎ (UTC)の版まで差し戻してページの内容を戻すのがいいと思います。移動の残骸として残ったリダイレクトは、Wikipedia:リダイレクトの削除依頼に出しておけば問題ありません。現在の翻訳文については、ご自身の利用者ページのサブページに再度英語版からの翻訳の形で履歴継承して翻訳文を転記し、そちらで作業されるのがよいかと思います。--重陽会話) 2014年11月10日 (月) 14:16 (UTC)
  報告処理しました。再提案などはWP:IARのノートで行うことにします。翻訳文は英語版から私の下書きのサブページに履歴継承して作業したものを、直前に最終確認して、こちらにほぼ丸ごと英語版の同版から履歴継承する形で持ち込んだものなので、特に問題ないと思います。--射丸蔵会話) 2014年11月15日 (土) 21:56 (UTC)
プロジェクトページ「常識なんてない」に戻る。