Win Shares(ウィン シェアーズ、WS)とは、野球選手を評価する指標の一つ。

ビル・ジェームズにより考案された、選手の総合的な貢献度を表す指標である[1][2]。選手がチームの勝ちにどれだけ貢献したかを算出した指標[1][2]

単位は勝利数の3倍である[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c 岡田友輔、鳥越規央、道作、三宅博人、蛭川皓平、森嶋俊行、高多薪吾、Student『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』水曜社、2012年、214頁。ISBN 978-4-88065-286-3
  2. ^ a b c Win Sharesで見たMVPとベストナイン~パ・リーグ - Baseball LAB「Archives」 2014年11月6日閲覧。