Zenodoは研究データリポジトリである。研究者がデータセットを置くための場所を提供するためにOpenAIRECERNによって作られた[1]。2013年に始められ、いかなる研究分野の研究者も50 GBまでファイルをアップロードできるようになった[2][3]

Zenodo logo.jpg

ZenodoはGitHubにホストされているコードを引用可能にするためにGitHubと統合されている[4]

Zenodoは汎用オープンアクセス・リポジトリ英語版であり、ピーター・スーバー英語版によって推奨されるものの一つである[5][6]

Zenodoは2017年にGoogle Summer of Codeプロジェクトとして選ばれた[7]

出典編集

  1. ^ Zenodo Launches!”. OpenAIRE. 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ Zenodo – FAQ”. 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ Sicilia, Miguel-Angel; García-Barriocanal, Elena; Sánchez-Alonso, Salvador. “Community Curation in Open Dataset Repositories: Insights from Zenodo”. Procedia Computer Science 106: 54–60. doi:10.1016/j.procs.2017.03.009. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1877050917302776. 
  4. ^ Making Your Code Citable”. GitHub. 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ Peter Suber (2016年). “Open Access book §10 self help”. 2018年11月12日閲覧。
  6. ^ https://cyber.law.harvard.edu/hoap/How_to_make_your_own_work_open_access#Deposit_in_an_OA_repository_.28.22green.22_OA.29
  7. ^ Google Summer of Code” (英語). summerofcode.withgoogle.com. 2017年6月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集