源頼茂(みなもと の よりもち、治承3年(1179年)? - 承久元年7月13日1219年8月24日))は、鎌倉時代前期の武将源頼兼の長男。正五位下大内守護安房守、近江守、右馬権頭

父頼兼と同じく都で大内裏守護の任に就く一方、鎌倉幕府の在京御家人となって双方を仲介する立場にあった。しかし、承久元年(1219年)7月13日、突如、頼茂が将軍職に就くことを企てたとして後鳥羽上皇の指揮する兵にその在所であった昭陽舎を襲撃される。頼茂は応戦し抵抗するものの仁寿殿に篭り火を掛け自害し、子の頼氏は捕縛された。

上皇が突如頼茂を攻め滅ぼした明確な理由はわかっていないが、鎌倉と通じる頼茂が京方の倒幕計画を察知した為であろうとする説もある。また、この合戦による火災で仁寿殿・宜陽殿校書殿などが焼失し、仁寿殿の観音像や内侍所の神鏡など複数の宝物が焼失したという。

尊卑分脈』には享年41であったと記されている。

関連項目編集