アンリ・ボゲHenry Boguet1550年 - 1619年)は、フランス出身の裁判官法学者。現在ではピエール・ド・ランクルイギリスマシュー・ホプキンスと並んで悪名高い魔女狩り処刑人と称されている。

経歴編集

裁判官として狼男または人狼や魔女とされる人々を処刑した。やがては著書「魔女論」を発表し、彼の残した書物や異端者に対する資料はピエール・ド・ランクルなど多くの魔女狩りを行う者達に影響を与えた。

狼男狩り編集

ボゲはド・ランクルらに比べるといくらか公平な判事として有名で人狼や魔女とされた人々にも温情を与えたり無罪にすることも多く、後半では狼男狩りなどにも疑問を呈するようになっていたとされる。

補足編集

彼の最後は不明な点が多いが天寿を全うしたとされている。

参考文献編集

  • 封印された博士のノート3 恐怖のオオカミ男 学研、2015年初版