メインメニューを開く

あずまんがドンジャラ大王』(-だいおう)は、バンダイより発売されたプレイステーションテーブルゲームである。

あずまんがドンジャラ大王
ジャンル テーブルゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ガンバリオン
発売元 バンダイ
人数 1人
発売日 2002年4月18日
対象年齢 全年齢
売上本数 約5万本[1]
テンプレートを表示

作品解説編集

漫画『あずまんが大王』を原作とするドンジャラ・ゲーム。原作者のあずまきよひこが総監修に就いている。 発売元はバンダイ、開発元はガンバリオン

ストーリーモード編集

使用するキャラクター1人を選んでドンジャラ大会に参加する。それぞれのキャラクターに応じた物語が展開される。1キャラ当たり5戦。物語は原作やアニメ版とは異なる独自のもの。

  • ストーリーはある日突然、教室でゆかり先生からドンジャラ大会が唐突に提案されるという話。どういう経緯なのかは不明だがなぜかバンダイがスポンサーとなっているらしい。
  • 榊さんは開催直後の時点でドンジャラが何であるかすら知らなかったが、なぜか参加表明している。ルールは「すぐ覚えた」らしい。智と対戦時に嘘のルールを教えられそうになるが、すぐに看破している。

フリー対戦モード編集

対戦相手となるキャラクターも選ぶことが可能。

ギャラリーモード編集

イラストを鑑賞する。イラストはストーリーやフリー対戦で手に入る。

概要、ルール編集

  • 2人打ちで持ち点は300点。相手一人につき5回戦。相手をマイナスにするとその場で勝ちとなる。
  • ポリゴンで描かれた二頭身のミニキャラが、捨て牌やリーチを行う。捨て牌の速さもキャラごとに違う。
  • 役は全部で16種類。殆どが作品に関係している。例として智、大阪、神楽を揃えると「ボンクラーズ」という役になり、得点は103点など。(後述)
  • キャラごとに特殊技「ずるっこ技」が使える。得点を消費して技を使い、上がるとボーナスなどが付く。
  • リーチは役にはならない。

代表的な上がり手編集

  • 全員集合:全員の牌を1枚ずつ集める。
  • 恐怖のドライブ:ゆかり、ちよ、大阪を各3枚ずつ集める。
  • ラジオ体操:にゃも、榊、ちよを各3枚ずつ集める。
  • 成績優秀:よみ、榊、ちよを各3枚ずつ集める。
  • ボンクラーズ:智、大阪、神楽を各3枚ずつ集める。他の役は全て10点単位だが、この役のみ原作に準じて103点。
  • 先生:にゃも、ゆかりを各3枚ずつ集める。
  • なまこ:よみ、大阪を各3枚ずつ集める。
  • 水泳部:にゃも、神楽を各3枚ずつ集める。
  • 幼馴染:智、よみを各3枚ずつ集める。
  • 木村ごのみ:かおりん、神楽を各3枚ずつ集める。
  • フォークダンス:榊、かおりんを各3枚ずつ集める。
  • スポーツ万能:榊、神楽を各3枚ずつ集める。

上記からも分かるとおり、「榊」と「神楽」が絡む役が若干多く、優先して集めると点数が高くなる事が多い。また、点数の大きな役を狙うには「ちよ」が必須となる。

関連ゲーム用語編集

ドンジャラ
麻雀風の絵合わせゲーム。会社によってはポンジャンという商品名も。
ずるっこ技
いかさまのこと。

登場人物編集

詳細はあずまんが大王の項を参照。カッコ内は声優。声優陣はお父さん以外全てTVアニメ版に準拠している。

  • メインキャラ(最初から使用可能)
  • サブキャラ(プレイヤーが選択したキャラ以外のメインキャラ全員を破ると登場し、勝つとストーリーモードクリアとなり、次回プレイ時に使用できる。)
    • かおりん(野川さくら)-大阪と対戦
    • 谷崎ゆかり(平松晶子)-智と対戦
    • 黒沢みなも(久川綾)-よみと対戦
    • 木村(石井康嗣)-神楽と対戦
    • 忠吉さん -ちよと対戦
    • お父さん<ちよ父>(TVアニメ版での担当は若本規夫だが、ゲーム中では喋ることはない) -榊さんと対戦

そのほか編集

予約特典として原作者描き下ろしのポスター、初回特典としてゲーム中で使用しているものと同じドンジャラ牌のうち1個が付いた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日経エンタテインメント!』2003年7月号臨時増刊『日経キャラクターズ!』147頁。

外部リンク編集