メインメニューを開く

いきなりPDFは、日本のソースネクストが販売しているPDFを作成・編集したり、PDFから他の形式へ変換するソフトウェア群に使用されているブランド名である。

バージョン・エディションによって開発を行っている会社は異なる。

BCN AWARDの文書管理ソフト部門では、AWARD2004からAWARD2019まで16年連続でシェア1位を獲得している[1][2]

目次

いきなりPDF編集

同シリーズの代表的なソフトウェア。当初は作成機能のみであったが、多機能化を進め、編集やパスワード設定等のセキュリティ機能も搭載している。

初期のバージョンはスカイコムが開発していた[3]が、その後アンテナハウスが手掛けるようになった[4]。2010年7月以降はソースネクストの自社開発となった[5]

バージョン履歴編集

  • 2004年3月12日 PDF作成ソフト「いきなりPDF」を発売[6]。開発はスカイコム[7][8]。SkyPDF Standardをベースにしている[3]
  • 2004年8月2日 セキュリティ機能を付与したPDF作成ソフト「いきなりPDF Professional」を発売[9]。開発はアンテナハウス[10]
  • 2005年6月24日 「いきなりPDF Professional 2」を発売[11]。開発はアンテナハウス[12]
  • 2005年8月26日 「いきなりPDF 2」を発売[13]。開発はアンテナハウス[14]
  • 2006年4月7日 ページ編集機能やコメント追加機能などを追加した「いきなりPDF Professional 2 PLUS」を発売[15]。開発はアンテナハウス[16]
  • 2007年6月29日 「いきなりPDF Professional 3」を発売。開発はアンテナハウス[17]
  • 2009年7月3日 「いきなりPDF 7」を発売。開発はアンテナハウス
  • 2010年7月2日 「いきなりPDF/STANDARD Edition」「いきなりPDF/COMPLETE Edition」を発売。ダウンロード版は6月22日より先行販売した。開発はソースネクスト。
  • 2011年9月22日 「いきなりPDF/BASIC Edition」を発売。開発はソースネクスト。
  • 2012年9月13日 Windows8に対応した「いきなりPDF Ver.2」シリーズとして、「いきなりPDF/BASIC Edition Ver.2」「いきなりPDF/STANDARD Edition Ver.2」「いきなりPDF/COMPLETE Edition Ver.2」を発売。開発はソースネクスト。パッケージ版は同年10月3日に発売された。
  • 2014年11月13日 「いきなり PDF Ver.3」シリーズとして、「いきなりPDF/BASIC Edition Ver.3」「いきなりPDF/STANDARD Edition Ver.3」「いきなりPDF/COMPLETE Edition Ver.3」を発売。開発はソースネクスト。パッケージ版は同年12月12日に発売された。
  • 2016年11月10日 「いきなりPDF Ver.4」シリーズとして、「いきなりPDF BASIC Edition Ver.4」「いきなりPDF STANDARD Edition Ver.4」「いきなりPDF COMPLETE Edition Ver.4」を発売。開発はソースネクスト。パッケージ版は同年12月9日に発売された。
  • 2017年12月4日 「いきなりPDF Ver.5」シリーズとして、「いきなりPDF Ver.5 BASIC」「いきなりPDF Ver.5 STANDARD」「いきなりPDF Ver.5 COMPLETE」を発売。開発はソースネクスト。パッケージ版は翌2018年1月19日に発売された。
  • 2018年12月4日 「いきなりPDF Ver.6」シリーズとして、「いきなりPDF Ver.6 BASIC」「いきなりPDF Ver.6 STANDARD」「いきなりPDF Ver.6 COMPLETE」を発売。開発はソースネクスト。パッケージ版は翌2019年1月25日に発売された。

いきなりPDF EDIT編集

ワープロのような感覚でPDFを直接編集できるソフト。

開発はすべてのバージョンをニュアンス コミュニケーションズが手掛けている。

バージョン履歴編集

  • 2006年3月17日 PDFファイルの編集・作成ソフト「いきなりPDF EDIT!」を発売[18][19]。この製品は発売当初、誤って期限制限版を製品版として出荷してしまい、2006年5月1日以降ソフトが起動しなくなる騒動を起こした[20]
  • 2007年3月16日 PDF編集ソフト「いきなりPDF EDIT 2」を発売[21]
  • 2008年7月4日 「いきなりPDF EDIT 3」を発売[22]
  • 2009年10月6日 PDFの直接編集ができる「いきなりPDF EDIT 7」を発売[23]

いきなりPDF to Data編集

PDF作成ソフトではなく、PDFファイルをWord/Excelなどの形式に変換するソフトウェア。パナソニック社製OCRエンジンを搭載し、文字を認識し、文字データとして元のレイアウトを崩さずに変換することができる。いきなりPDFに同等の機能が搭載されてからは「PDF 変換機能のみに絞った機能限定版」と称するようになった。

開発はすべてのバージョンをパナソニック ソリューションテクノロジーが手掛けている。

バージョン履歴編集

  • 2005年4月8日 PDFからWord/Excelに変換する「いきなりPDF to Data」を発売[24][25]
  • 2005年12月16日 画像データからのOCR機能も備えるPDF変換ソフト「いきなりPDF to Data Professional」を発売[26][27]
  • 2006年9月29日 PDFからWord/Excelに変換する「いきなりPDF to Data 2」「いきなりPDF to Data Professional 2」を発売[28][29]
  • 2008年7月4日 「いきなりPDF to Data EX」を発売。
  • 2009年7月3日 「いきなりPDF to Data 7」を発売。
  • 2011年3月25日 「いきなりPDF to Data Office2010対応版」を発売[30]
  • 2012年9月13日 Windows8に対応した「いきなりPDF Ver.2」シリーズとして、「いきなりPDF to Data Ver.2」を発売。パッケージ版は同年10月3日に発売された。他のシリーズと名前を揃えたのだが、2006年に発売した「いきなりPDF to Data 2」とよく似た名前のため注意が必要である。
  • 2014年11月13日 「いきなり PDF Ver.3」シリーズとして、「いきなりPDF to Data Ver.3」を発売。パッケージ版は同年12月12日に発売された。
  • 2016年11月10日 「いきなりPDF Ver.4」シリーズとして、「いきなりPDF to Data Ver.4」を発売。パッケージ版は同年12月9日に発売された。

いきなりPDF from スキャナ編集

紙原稿をスキャナで読み込んでダイレクトにPDFを作成するソフト。パナソニック社製OCRエンジンを搭載しており、印刷物から透明テキスト付きのサーチャブルPDFを作成することができる。

開発はすべてのバージョンをパナソニック ソリューションテクノロジーが手掛けている。

バージョン履歴編集

  • 2006年3月3日 「いきなりPDF from スキャナ」を発売[31][32]
  • 2006年9月29日 PDFファイル作成ソフト「いきなりPDF from スキャナ 2」を発売[33][34]
  • 2015年3月11日 PDF 作成ソフト「いきなり PDF from スキャナ 3」を発売[35]

いきなりPDF for 自炊編集

書籍のPDFやJPEGファイルをiPadなどさまざまなデバイスに最適化した形式で変換できるソフト。

開発はすべてのバージョンをパナソニック ソリューションテクノロジーが手掛けている。

バージョン履歴編集

  • 2012年6月15日 「いきなりPDF for 自炊」を発売[36]

いきなりPDF FLASHPAPER編集

マクロメディアが開発した「Macromedia FlashPaper 2」を日本語版として販売するもの。アドビシステムズによるマクロメディア買収による影響もあり、2006年6月をもって販売終了となった。

バージョン履歴編集

  • 2004年12月17日 PDF・FlashPaper作成ツール「いきなりPDF FLASHPAPER」を発売[37]

脚注編集

  1. ^ 文書管理ソフト” (日本語). BCN AWARD・BCN IT ジュニア賞. 2019年3月30日閲覧。
  2. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年1月15日). “「BCN AWARD 2019」ソースネクストグループ全体で5部門、最優秀賞を受賞 1月15日(火)発表” (日本語). 産経ニュース. 2019年3月30日閲覧。
  3. ^ a b SkyPDF & PDF-Centrex構想”. 2019年3月30日閲覧。
  4. ^ さまざまなPDFの作成技術の概観 | アンテナハウス PDF資料室”. www.antenna.co.jp. 2019年4月1日閲覧。
  5. ^ AHEntry. “「いきなりPDF」7月新製品は、ソースネクスト社独自開発製品となりました。” (日本語). I love software2!. 2019年4月1日閲覧。
  6. ^ ソースネクスト、PDF作成ソフト「いきなりPDF」”. pc.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  7. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  8. ^ @IT:捺印もできる無料のPDFはいかがですか?”. www.atmarkit.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  9. ^ 暗号化やパスワード設定で保護できる「いきなりPDF Professional」”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  10. ^ プレスリリース - 「いきなりPDF Professional」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  11. ^ ソースネクスト、圧縮率が向上した「いきなりPDF Professional 2」”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  12. ^ プレスリリース - 「いきなりPDF Professional 2」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  13. ^ ソースネクスト、ファイルをPDFに変換する「いきなりPDF 2」”. pc.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  14. ^ プレスリリース - 「いきなり(R) PDF 2」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  15. ^ ソースネクスト、ページ編集/コメント追加などに対応した「いきなりPDF Professional 2 PLUS」” (日本語). ITmedia PC USER. 2019年3月30日閲覧。
  16. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF Professional 2 PLUS」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  17. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF Professional 3」 「いきなり(R)PDF Platinum」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  18. ^ ソースネクスト、PDFファイル編集・作成ソフト「いきなりPDF EDIT!」”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  19. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF EDIT!」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  20. ^ 「いきなりPDF EDIT!」が5月1日以降起動できない不具合”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  21. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF EDIT 2」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  22. ^ Acrobat 9で作ったPDFも編集可能に 「いきなりPDF」の最新版” (日本語). ITmedia エンタープライズ. 2019年3月30日閲覧。
  23. ^ 株式会社インプレス (2009年9月9日). “ソースネクスト、PDFの直接編集ができる「いきなりPDF EDIT 7」” (日本語). INTERNET Watch. 2019年3月30日閲覧。
  24. ^ ソースネクスト、PDFをWord/Excelに変換する「いきなりPDF to Data」”. pc.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  25. ^ プレスリリース - 「いきなり(R) PDF to Data」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  26. ^ ソースネクスト、画像化された文字をテキスト出力できる「いきなりPDF to Data Professional」” (日本語). ITmedia PC USER. 2019年3月30日閲覧。
  27. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF to Data Professional」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  28. ^ 文字認識機能を強化した「いきなりPDF to Data 2」”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  29. ^ プレスリリース - いきなり(R)PDF to Data 2・いきなり(R)PDF to Data Professional 2”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  30. ^ プレスリリース
  31. ^ ソースネクスト、スキャン原稿PDF化ソフト「いきなりPDF from スキャナ」” (日本語). ITmedia PC USER. 2019年3月30日閲覧。
  32. ^ プレスリリース - 「いきなり(R)PDF from スキャナ」”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  33. ^ ASCII. “ソースネクスト、PDFから文書を作成する『いきなりPDF to Data 2』など3製品を発売” (日本語). ASCII.jp. 2019年3月30日閲覧。
  34. ^ プレスリリース - いきなり(R)PDF from スキャナ 2”. www.sourcenext.info. 2019年3月30日閲覧。
  35. ^ いきなりPDF from スキャナ3”. ソースネクスト. 2019年3月30日閲覧。
  36. ^ ソースネクスト、「いきなりPDF for 自炊」を発売” (日本語). ITmedia eBook USER. 2019年3月30日閲覧。
  37. ^ ソースネクスト、PDF・FlashPaper作成ツールを1,980円で販売”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年3月30日閲覧。

外部リンク編集