メインメニューを開く

4XE1(よんエックスイー ワン)は1986年いすゞ自動車が開発した1,588cc直列4気筒DOHCガソリンエンジンである。

開発のベースとなったのは薄肉鋳鉄ディープスカートシリンダーブロックとアルミニウムシリンダーを有する4X系エンジン、内径77mm×行程79mmで1,471ccSOHCの4XC1で、4バルブDOHC化したシリンダーヘッド部分をロータスが設計し、内径を77mmから80mmに変更して1,588ccへ拡大した構造となっている。ガソリンエンジン四輪市販車では日本初のクーリング機構付きピストンを採用し、また電子制御二段階バルブ制御弁を用いた可変吸気コントロール機構を備えている。エンジン本体以外でも、4XE1に使用されている燃料噴射装置(インジェクター)は6孔式であり、燃焼効率を極限まで高めている。

製造は、いすゞ自動車北海道工場。

後に補機ベルトをサーペンタイン化し、行程を90mmに延伸して1,809ccに拡大され出力150PSとして開発された4XF1が最終型ピアッツァ(JT221、通称JTピアッツァ)に搭載され、さらに行程を伸ばしてゼネラルモーターズの小型戦略車サターン1.9リットルエンジンの開発ベースとなった。

目次

4XE1編集

 
4XE1エンジン(2代目ジェミニJT190に搭載された状態)

1988年2月JT190型二代目ジェミニZZハンドリング・バイ・ロータスに搭載されたのが市販車としてのデビューとなった。鋳造ピストン。ハイドローリックタペット。後に二代目ロータス・エランに搭載された。

  • 内径×行程:80mm×79mm
  • 排気量:1,588cc[1]
  • 出力:130hp/7,200rpm[1] トルク:14.5kgm/4,200rpm[1](二代目ロータス・エラン
  • レギュラーガソリン仕様

4XE1-W編集

JT191F型三代目ジェミニに搭載される際に最高出力が増強され、可変バルブタイミング機構の付かない自然吸気の1.6リットルエンジンとしてしばらくの間市販車最高出力の座を維持した。DOHC、16バルブ、可変吸気システム、鋳造ピストン。ソリッドタペットが採用された。

  • 内径×行程:80mm×79mm
  • 排気量:1,588cc
  • 出力:140PS/7,200rpm トルク:14.5kgm/5,600rpm (JT191F ジェミニ)
  • レギュラーガソリン仕様

4XE1-WT編集

JT191S型三代目ジェミニイルムシャーRに搭載された。一般的には4XE1-Tとされる。DOHCインタークーラーターボ(IHI製RHB52)、16バルブ、可変慣性吸気システム、溶融鍛造アルミニウムピストン、オイルジェット付きピストンクーリングシステム、鍛造コネクティングロッド、タフトライド処理鍛造クランクシャフト、レアメタルベアリング、ステンレス鋼製エキゾーストシステム、空冷式オイルクーラーを標準装備するなど特記すべき点が多々あり、当時の同一排気量車では最高出力であった。

レース歴編集

1991年の発表と同時にレースに参加し国内での輝かしい成績を納めた。

イベント名 日程 成績
DCCSウインターラリー 2月2日~2月3日 優勝
ウインターラリーイン旭川'91 2月23日~2月24日 5位、6位
'91ACKSPRINGラリー 4月20日~4月21日 2位、3位
ツールド朗国 5月18日~5月19日 優勝、2位、3位
'91広島カップラリースピリット 6月1日~6月2日 優勝
'91ノースアタックラリー 7月6日~7月7日 優勝、2位、4位
ひえつき'91夏 7月27日~7月28日 6位
モントレー'91 9月15日~9月16日 4位
関西ラリー 10月12日~10月13日 3位、6位
  • 1991年 N1耐久・ラウンドシリーズ(2クラス)
イベント名 日程 成績
ハイランド300kmレース 4月28日~4月29日 優勝、4位
富士ツーリングカー6時間レース 6月1日~6月2日 2位、3位、6位
筑波ナイター9時間耐久レース 8月10日~8月12日 2位、3位、5位
ベストドライバーズNl耐久レース 9月21日~9月22日 優勝、3位
SUGO N1 500kmレース 11月22日~11月23日 優勝

搭載車種編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『ワールド・カー・ガイド8ロータス』p.95。

参考文献編集