メインメニューを開く

いもとようこ

いもと ようこ(本名:井本 蓉子1944年10月20日 - )は、日本絵本作家挿絵画家兵庫県生まれ。

目次

人物編集

1967年金沢美術工芸大学油絵科卒。教員生活を経て絵本の世界に入る[1]。その後「風の子絵画教室」を開塾。東京で貼り絵の個展を開く。

ちぎった和紙の貼り絵に着色する技法によって、やわらかで暖かな表情の人物や動物、植物などを描く。創作童話の作家として活躍するほか、日本の昔話や世界の名作などの絵本の挿絵なども手がける。出版された絵本は300冊以上。

1985年度「ねこの絵本」(講談社)、1986年度「そばのはなさいたひ」(佼成出版社)でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。ひきつづき翌年には「うたの絵本I」(講談社)で同じくグラフィック賞を受賞。1991年第17回サンリオ美術賞受賞。1992年第2回けんぶち絵本の里大賞受賞。

主な作品編集

絵本編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 松下佳紀・作 井本容子・絵『ひとりぼっちのこねこ』すずき出版金の星社1976年、末頁、作者紹介欄より。

外部リンク編集