メインメニューを開く

うけい(うけひ)は、古代日本で行われた占いである。宇気比誓約などと書く。

概要編集

ある事柄(例えば「高天原を訪れた須佐之男命に邪心があるかどうか」)について、『そうならばこうなる、そうでないならば、こうなる』とあらかじめ宣言を行い、そのどちらが起こるかによって、吉凶、正邪、成否などを判断する。

編集

日本神話では、重要な場面で誓約が行われている。

  • 地上から高天原に登ってきた須佐之男命に、『高天原を奪う等という邪心のないこと』を天照大御神に示すために誓約が行われている(アマテラスとスサノオの誓約)。
    • ここでは、互いのものを交換して、それによって生まれた神(五男三女神)の性別で判断を行っている。即ち邪心がないからこそか弱い女神が生まれたとする。
  • 葦原中国平定において、天若日子に与えた矢が、高天原に飛んで来たのを見て、『それが蘆原中国を平定するために射られた矢なのか』を判断するために誓約が行われている。
    • 高木神は、「もしそうなら天若日子に当たるな、そうでないなら天若日子に当たれ」と宣言して、矢を下界に落とした。矢は、天若日子の胸に当たり、死んでしまった。
  • 天孫降臨の後、邇邇芸命木花之佐久夜毘売と結婚した後に、木花之佐久夜毘売が一夜で身篭ったことを怪しみ、国津神のとの子であると疑った。
    • そこで木花之佐久夜毘売は、子を産むときに産屋へ火を放ち、「邇邇芸命の子でなければ無事に産まれない。邇邇芸命の子ならば無事に産まれる」と宣言して、無事に子を産んだ。

関連項目編集