メインメニューを開く
2007年頃のお兄系。

お兄系(おにいけい)とは、日本で発祥したストリートファッションのひとつ。

20代を中心として広まっている男性ファッションの傾向を表す言葉である。男性の強さとセクシーさ、豪華さとワイルドさを兼ね備えたスタイルである。ギャル男ファッションとホストファッションの中間のようなファッションで、シルバーのアクセサリーや革靴などのアイテムが好まれる。サングラス、スーツやダウンジャケットなどを着用することもある。

目次

スタイルの傾向編集

渋谷のギャル男ファッションに新宿のホスト文化が加わり、独自の展開を遂げた。男性セレブやホストのような服装。ハイブランドで身を固め、モテを意識した着こなしで茶色や黒といった落ち着いたトーンの色彩を好む。ギャル男と重なる部分も多いが、十代中心のギャル男とは年齢層やファッション傾向が異なる。

近年はギャル男はお兄系風の、きれいめゴージャス系に走る傾向が強く、両者の境界線は薄らいできている。好まれるブランドはLOUIS VUITTON、DOLCE&GABBANA、ROEN、ROAR、エドハーディー、クリスチャンオードジェー、sostenuto(新宿KAWANO)。どのブランドも比較的価格が高く、十代からの購入が難しいため、お兄系のファッションをしたいと考えるその様な年齢層は109-2で似たデザインの安い服を買う傾向にある。

お兄系ファッションを紹介している雑誌編集

お兄系ファッション誌に掲載頻度の多い定番ブランド編集

そのほかの男性ファッションの傾向を表す言葉編集

ある同じ指向を持ったファッションをする若者達を以下のように「○○」と総称する。

脚注編集

参考文献編集

  • WWD FOR JAPAN』2007年12月17日発行、December 17 vol.1454。

関連項目編集

外部リンク編集