メインメニューを開く

かまいたちの夜 輪廻彩声』(かまいたちのよる りんねさいせい)は、5pb.より2017年2月16日に発売されたPlayStation Vita[1]用ゲームソフト。

かまいたちの夜 輪廻彩声
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation Vita
Microsoft Windows 7/8.1/10
開発元 レジスタ
発売元 5pb.
シナリオ 我孫子武丸(原作)
竜騎士07(追加シナリオ)
美術 有葉(キャラクターデザイン)
シリーズ かまいたちの夜シリーズ
人数 1人
メディア [Vita] PSVitaカード
ダウンロード販売
[Win]
発売日 [Vita] 2017年2月16日
[Win] 2018年2月23日
[Win(DMM)] 2018年11月30日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
コンテンツ
アイコン
犯罪
その他 キャラクターボイスあり
テンプレートを表示

2018年2月23日にWindows PC版が発売。2018年11月30日にはDMM.comのDMM GAME PLAYER専用版も配信開始。

目次

概要編集

1994年スーパーファミコン用ソフトとして発売されたチュンソフト(後のスパイク・チュンソフト)のサウンドノベルかまいたちの夜[2]を5pb.がリメイクした作品。雪山のペンションを舞台に起こる殺人事件を描いた「ミステリー編」を基本に、時折現れる選択肢を選んでいくことで様々な物語が展開する。

原作の内容については『かまいたちの夜』を参照。本項ではリメイクで追加・変更された要素を主に解説する。

原作からの変更点編集

原作ではキャラクターがシルエットで表現されていたが、本作ではライトノベル世代向けに立ち絵イラストによって表現されている。キャラクターデザインと原画は有葉が担当。

セリフはフルボイス化されており、その影響で主人公とヒロインの名前は透と真理で固定され、変更不可能になった。また、キャラクター毎に声のボリュームを変更することができ、例えば主人公の声のみをオフにするなどのプレイも可能。

原作はテキストが画面全体に表示されていたが、今作では画面下部のメッセージウィンドウ内に表示される形式となったため、一度に表示される行数が大幅に縮められ、さらに登場人物のセリフでは発言者の名前も共に記載されるようになった。

背景画像は、iOSアプリ・Androidアプリ版『かまいたちの夜 Smart Sound Novel』と同じく新規撮影されたものが使用されており、追加シナリオでは一部新規のものも存在する。

収録シナリオ編集

収録シナリオはほぼ原作のPS版に準拠しており、PS版で追加された「真理の探偵物語編」も収録されている。一部のシナリオタイトルのみ変更があり、「悪霊編」が「オカルト編」、「不思議のペンション編」が「迷宮編」に改題されている。さらに、携帯アプリ版より追加された「かまいたちの夜 A Novel[3]」と、本作オリジナルとして竜騎士07による新規シナリオ「辺獄の真理編」が追加収録されている。また、ボイスドラマ『ちょっとエッチなかまいたちの夜』は本作のキャストによる再収録が行われている(本作でも同様に音声のみ)。

テキストはこれまでの移植作同様、時節に合わせてメッセージの細部が変更されており、隠しシナリオである「チュンソフ党の陰謀編」を出現させるための暗号や操作方法も差し替えられている。

「ミステリー編」における犠牲者が2人の時点で事件を解決するエンディングはSFC版のみグッドエンディング(「完」)扱いで、PS版以降はバッドエンディング(「終」)に変更されていたが、本作では位置付け自体は「終」のまま、グッドエンディングと同様にスタッフロールが流れるようになった。

声の出演編集

音楽編集

音楽は原作の楽曲がほぼそのまま使用されている。本作新規のオープニングテーマとオープニングムービーが追加されているが、PS Vita版とWindows版でそれぞれ異なる楽曲・ムービーとなっている。

PS Vita版オープニングテーマ[4]
HAKU-GIN
歌 - エラバレシ、作詞・作曲 - 志倉千代丸、編曲 - 水島康貴
Windows版オープニングテーマ
廻雪の詠
歌 - 霜月はるか、作詞・作曲・編曲 - 西坂恭平

スタッフ編集

  • シナリオ:我孫子武丸
  • 追加シナリオ:竜騎士07
  • 製作進行:本堂智行
  • 企画:玉野順也、エスチュアリウム
  • キャラクターデザイン原画:有葉
  • ディレクター:新川知
  • プログラム:仲山裕昭
  • スクリプト:にょ、新川知
  • 企画協力:高野正道
  • システムグラフィック:ことるり。
  • グラフィックチーフ:たけお
  • グラフィック:さんぼんづの、みどりざめ、狛、夜桜葉月、YOU、砂丘太、ささくまきょうた、珠梨やすゆき、羽鳥ぴよこ、みわべさくら、たまかけ、星クズの夜、桃飴こもも、Studio Fuji、工画堂スタジオ、清島ゆう子、原田吉郎中井一郎、結月雪夢、熊丸大介、球野貴裕、株式会社アストロビジョン
  • 背景:中村歩、Studio Fuji、吉田誠治、絹原千広
  • 撮影:Julie Watai(株式会社カフナロック)
  • 撮影協力:小田雅之、玉野順也、本堂智行、ペンション&コテージ クヌルプ(長野県白馬村)、白馬五竜観光協会(長野県白馬村)
  • タイトルロゴデザイン:ネミ
  • 音楽:加藤恒太中嶋康二郎
  • 音楽アレンジ:阿保剛
  • 音響監督:吉戸正樹
  • 音声収録:鬼沢仁之介
  • 音声編集:河野健祐、東郷郁也、山中健司、加峯廣一、一戸良平
  • 録音制作進行:工藤由梨
  • 音響制作:株式会社ブレイブハーツ
  • オープニングムービー:プリズムビジョン株式会社
  • 広報/宣伝/営業:高橋徹、森田恭司、朝倉千絵美、西條雅孝
  • スペシャルサンクス:榎本覚
  • ディレクター/アシスタントプロデューサー:柴田太郎
  • プロデューサー:市川和弘、細田邦治、細田貴昭
  • ゼネラルプロデューサー:三舛啓
  • エグゼクティヴプロデューサー:志倉千代丸
  • 監修・開発協力:株式会社スパイク・チュンソフト
  • 制作:有限会社レジスタ
  • 発売/販売元:株式会社MAGES.

反響編集

本作が初公開されたファミ通.comの記事「【先出し週刊ファミ通】『かまいたちの夜』なのに“影”じゃない!? 挑戦的な新作『かまいたちの夜 輪廻彩声』を独占スクープ(2016年11月17日発売号)」は同サイトの週刊PVランキングで1位になった[5]

出典編集

  1. ^ 『かまいたちの夜 輪廻彩声』公式サイトが正式オープン ファミ通.com 2016年11月25日
  2. ^ 1998年にはPlayStationで『かまいたちの夜 特別篇』として移植され、その後も複数の機種でリメイクされている。
  3. ^ 初出は原作の公式ファンブックに掲載された短編小説。選択肢が無く、出題編と解答編に分かれている。
  4. ^ PS Vita向け「かまいたちの夜 輪廻彩声」,エラバレシが歌うオープニングムービーが公開 4Gamer.net 2016年12月10日
  5. ^ 【週間PVランキング】スクープにロングインタビュー、“ミニファミコン”売上速報まで注目ニュースが盛りだくさん【11/12~11/18】 ファミ通.com 2016年11月16日

外部リンク編集