志倉 千代丸(しくら ちよまる、1970年7月3日 - )は、日本作詞家作曲家音楽プロデューサーゲームクリエイター実業家

しくら ちよまる
志倉 千代丸
生誕 (1970-07-03) 1970年7月3日(50歳)[1]
日本の旗 日本埼玉県戸田市
職業
代表作
取締役会
  • 株式会社CHIYOMARU STUDIO代表取締役社長
  • 株式会社MAGES.代表取締役会長
  • ル・アイド芸能株式会社代表取締役会長
  • 株式会社ドキドキグルーヴワークス取締役
  • 株式会社クラスジャパン学園取締役
家族
音楽家経歴
ジャンル
職業
担当楽器 ギター
レーベル 5pb.Records

株式会社CHIYOMARU STUDIO代表取締役社長、株式会社MAGES.代表取締役会長、ル・アイド芸能株式会社代表取締役会長、株式会社ドキドキグルーヴワークス取締役、株式会社クラスジャパン学園取締役。株式会社ドワンゴ取締役、学校法人角川ドワンゴ学園元理事(〜2019年6月)を歴任。

埼玉県戸田市出身。父はミュージカルぼーいずのリーダーである志村としお[2]。兄は音楽プロデューサー兼ゲームプロデューサーの富士丸翔[3]

来歴編集

生い立ち編集

小学生の頃からBASICでプログラムを組み、自作ゲームを雑誌に投稿していたが、この頃は音楽には興味がなかった[4]

中学生時代にBOØWYの影響でバンド活動を始める。当時はドラムを担当しながら、作詞・作曲・編曲を全てを自身で行い、次第に曲作りだけをしたいという思いが募っていった[5]。並行してプログラミングも続けており、この頃の「昼はプログラミング、夜はバンド活動」という厨二病(本人談)生活が後の活動につながっていく。

プログラマー時代編集

高校卒業後、日本電気株式会社(NEC)の子会社にプログラマーとして入社し、「ISDN」プロジェクトチームに研究員として配属されるも、急に先輩に叱られたので心が折れ、7ヶ月で退社しゲーム業界へ[6]

音楽家として自立することを考え、ゲーム好きであったことからゲーム音楽に可能性を見出し、ヒューマン株式会社にプログラムにも強い作曲者として採用される[5]。『ファイヤープロレスリング』『フォーメーションサッカー』『クロックタワー』シリーズなどの作曲に関わり、同社の『爆走デコトラ伝説』の演歌で名前が知られる様になる。その後に退社。須田剛一とはヒューマン時代からの仲。

音楽プロデューサー時代編集

サイトロン・デジタルコンテンツに属し、音楽プロデューサーとして磯江俊道らと共にKIDより発売されているゲームや、その他様々なメーカーの楽曲を手がける他、水樹奈々小倉優子村田あゆみへの楽曲提供、『NOVAうさぎのうた』や数々の人気声優ユニットを世に送り出している。

AKB48のメンバーが出演する公共広告機構(現:ACジャパン)とNHKとの共同キャンペーンCM「3Rで地球を救おう」に楽曲を提供した。

東京池袋テーマカフェ「王立アフィリア魔法学院」、名古屋の「王立アフィリア・ダイニング」のプロデュースを手がけ、同店のテーマソングなども発表している。

5pb.とMAGES.代表編集

2005年4月にサイトロン・デジタルコンテンツ取締役兼総合プロデューサーを辞職して、株式会社5pb.の立ち上げに参加し代表取締役社長に就任。

2008年4月より桃井はることラジオ『THE WORKS』(FM NACK5)のパーソナリティとして出演している。

2011年6月にAG-ONEと5pb.が合併して発足した株式会社MAGES.の代表取締役社長に就任。

2011年12月よりつんく♂と共同で、『AKIHABARAバックステージpass』をプロデュースしている。

ドワンゴ取締役編集

2013年12月の株式会社ドワンゴによるMAGES.の完全子会社化(それまでは旧AG-ONEの流れからドワンゴと文化放送との合弁)に伴い、後にドワンゴの執行役員に、2014年10月1日にはドワンゴグループとKADOKAWAグループの経営統合(KADOKAWA・DWANGO→カドカワ→(新)KADOKAWA)による経営方針変更により、ドワンゴ取締役に就任。2015年4月1日付でMAGES.代表取締役会長に就任。

カドカワ系の角川ドワンゴ学園が運営する2016年開校のN高等学校に創設以前から深く関与[7]。2019年6月まで理事を勤めた[8][9]

MAGES.代表編集

2019年7月12日にはCHIYOMARU STUDIOを通じてMBOによりMAGES.の全株式を取得して独立させ、社長に再任[10]

2020年4月3日付で株式会社コロプラがCHIYOMARU STUDIOの持つ発行済全株式を全取得し完全子会社化した[11]。これに伴い、同年10月25日には志倉が会長に就任[12]

略歴編集

人物編集

宮村優子と共に結成したバンド「loose@rouse」ではギターを担当。KIDの『想い出にかわる君 〜Memories Off〜』のテーマ曲、『インモラル・インパルス』を手がけた。声優としても活躍し、自ら楽曲提供したKIDの『想い出にかわる君 〜Memories Off〜』の飛田扉役や、トンキンハウスの『D→A』シリーズではイフリース・アージェント役、さらに乙女ゲーム『硝子の森』では主役を務めた。文化放送を中心としたラジオでは、いくつかの番組でパーソナリティを務めた。

レトロPCゲームオタクでもあり、企画原案を担当したゲームには往年のPCゲーム、周辺文化へのオマージュがみられる。また『STEINS;GATE』のスピンオフ作品、『STEINS;GATE 変移空間のオクテット』でその趣味が遺憾なく発揮されており、英単語でのコマンド入力、LINE&PAINTの再現、FM音源のエミュレートなどマニアックな作りになっている。

影響を受けたゲームデザイナーに『スナッチャー』の小島秀夫、『テトリス』のアレクセイ・パジトノフを挙げている[15]。『スナッチャー』および「メタルギア」・「メタルギアソリッド」シリーズの小島秀夫との共同企画が進行中[16]で、Twitter上での交流も盛んである。また、「300人委員会」と称するiPhoneやPCを使った配信を行い度々ファンと交流している。

楽曲の特徴編集

志倉の楽曲によく見られる特徴として、Bメロを16小節にするなどといったサビを盛り上げる要素(志倉曰く『テトリス』)や、二段構成のサビがある[17]。そのため志倉の曲はメロが長い楽曲が多い。

歌詞は予めその楽曲のストーリー性などを書いたリリックノートと照らし合わせながら書き起こす為、独特の世界観が見られる。こそあど言葉やカタカナ表記の英語などの表現が多いのも特徴である。逆に、歌詞に一人称が使われているものは少なめである。

CD編集

  • ゲームボーカルベスト〜志倉千代丸楽曲集Vol.1〜(2003年8月27日、KICA-1302)
  • ゲームボーカルベスト〜志倉千代丸楽曲集Vol.2〜(2003年9月26日、KICA-1308)
  • ゲームボーカルベスト〜志倉千代丸楽曲集Vol.3〜(2004年8月25日、KDCA-14)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜(2006年3月31日、FPBD-0001)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜1.2(2008年7月30日、VGCD-0151)
    無印(1.0)のDisc1の収録曲に2曲プラスして、一部を変更して再発売したもの。
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜2.0(2008年7月30日、VGCD-0152)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜3.0(2008年7月30日、VGCD-0153)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜4.0(2009年10月21日、VGCD-0175)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜5.0(2009年10月21日、VGCD-0176)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜6.0(2011年8月24日、AVCA-49032)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜7.0(2012年01月25日、AVCA-49346)
  • THE WORKS〜志倉千代丸楽曲集〜8.0(2013年10月30日、FVCG-1266)

企画原案編集

出演編集

声優出演編集

楽曲提供編集

アーティスト編集

ゲーム編集

その他編集

小説編集

脚注編集

  1. ^ 今井麻美のSSG第67回
  2. ^ オデッサの階段 - フジテレビ[リンク切れ]
  3. ^ 志倉千代丸 (2011年1月31日). “Twitter / chiyomaru5pb.”. Twitter. 2013年3月16日閲覧。
  4. ^ 『VOICHA vol.5』 pp.58-59
  5. ^ a b 『声優グランプリ 2003年9月号』 pp.72-73
  6. ^ 「サイエンス宅配便」 連載 第156回 - 第158回 『週刊新潮』
  7. ^ 角川歴彦×川上量生「逃げ場じゃなくて、一番の志望校になる通信制高校をつくりたい」|株式会社ピースオブケイク
  8. ^ 「教育を『現代版』にしたかった」志倉氏が語る~N高前編~|インターエデュ
  9. ^ 中学の同窓会での違和感|ネットの高校、はじめました。ーー新設通信制「N高」の教育革命|崎谷実穂|cakes(ケイクス)
  10. ^ 株式会社MAGES. マネジメント・バイアウト(MBO)実施のお知らせ”. PR TIMES. 2019年7月26日閲覧。
  11. ^ 株式会社MAGES.の株式の取得(完全子会社化)に関するお知らせ ,株式会社コロプラ,2020年3月30日
  12. ^ MAGES.が新たにドール事業を展開。“事業戦略発表会”で西川貴教さんの特別顧問就任が判明,電撃オンライン,2020年10月25日
  13. ^ 株式会社ドワンゴ 第18期 有価証券報告書”. カドカワ株式会社. 2018年9月3日閲覧。
  14. ^ 社外取締役就任のお知らせ”. 株式会社レゴリス. 2018年9月3日閲覧。
  15. ^ 志倉千代丸×富澤祐介×齊藤祐一郎 超最前線クリエイター生トーク!
  16. ^ 小島秀夫の「ヒデラジ」第303回
  17. ^ ファミ通.com:同人業界へ踏み込むnao&志倉千代丸による音楽制作集
  18. ^ TNX Channel[出典無効]
  19. ^ [1]

参考文献編集

  • 『声優グランプリ 2003年9月号』 第8巻10号通巻63号 主婦の友 2003年9月1日 pp.72-73
  • 『アニソンマガジン vol.5』 洋泉社 2008年7月8日 pp.32-34
  • 『THE 声優マガジン VOICHA![ボイチャ!] Vol.5』 シンコー・ミュージック・エンタテイメント 2008年9月17日 pp.58-59

外部リンク編集