さらしなにっき』(さらしなにっき)は、栗本薫SF短編集。また、その表題作である短編小説。

概要編集

S-Fマガジン」誌に掲載されたものを中心とするSF作品8編による短編集。1994年8月に早川書房よりハヤカワ文庫として発行された。シリアスなものからコメディまで、幅広い作風の作品が収められている。

それぞれの収録作品の末尾には、作者自身による作品解説が添えられており、影響を受けた作家・作品など、それぞれの作品の成り立ちなどについて知ることができる。

収録作品のうち、「さらしなにっき」、「走馬灯」、「パソコン日記」の3編は高い評価を受け、それぞれ早川書房編集部編のアンソロジー『S-Fマガジン・セレクション1983』、『S-Fマガジン・セレクション1988』、『S-Fマガジン・セレクション1990』に収録された。

収録作品編集

  1. さらしなにっき
    初出:『S-Fマガジン』1983年6月号
  2. 忘れないで―Forget Me Not
    初出:『小説新潮』1982年6月号
  3. 峠の茶屋
    初出:『S-Fマガジン』1983年9月号
  4. ウラシマの帰還
    初出:『S-Fマガジン』1983年7月号
  5. 走馬灯
    初出:『S-Fマガジン』1988年2月号
  6. 最後の夏
    初出:『小説すばる』1989年7月号
  7. パソコン日記
    初出:『S-Fマガジン』1990年10月号
  8. 隣の宇宙人
    初出:『S-Fマガジン』1992年2月号

ミュージカル『隣の宇宙人』編集

作者自身の脚本・演出により、収録作品「隣の宇宙人」を原作とするミュージカルが製作され、1999年4月17日~22日にかけて、東京・シアターVアカサカにて上演された。