メインメニューを開く

しあわせへのまわり道』(原題: Learning to Drive)は、2014年アメリカ合衆国で製作されたコメディ映画。『ザ・ニューヨーカー』に掲載されたエッセイを原作にしている[2]。監督をイザベル・コイシェが、主演をパトリシア・クラークソンベン・キングズレーが務めた。

しあわせへのまわり道
Learning to Drive
監督 イザベル・コイシェ
脚本 サラ・ケルノチャン英語版
製作 デイナ・フリードマン
ダニエル・ハモンド
製作総指揮 ガブリエル・ハモンド
出演者 パトリシア・クラークソン
ベン・キングズレー
ジェイク・ウェバー
グレイス・ガマー
音楽 ダーニ・ハリスン
ポール・ヒックス
撮影 マネル・ルイス
編集 セルマ・スクーンメイカー
製作会社 ラベンダー・ピクチャーズ
コア・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブロード・グリーン・ピクチャーズ英語版
日本の旗 ロングライド
公開 カナダの旗 2014年9月9日
トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2015年8月21日
日本の旗 2015年8月28日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $3,447,633[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

マンハッタンアッパー・ウエスト・サイド。そこに暮らす売れっ子の書評家ウェンディは公私共に充実した毎日を送っていたが、ある日21年連れ添った夫の浮気が発覚。しかも夫は彼女を捨てて浮気相手の元へと去ってしまうのだった。落ちこむウェンディだったが、ここで新たな問題に直面する。彼女は今まで夫に運転を任せきりで運転免許を持っておらず、このままでは遠く離れた農場に住む娘にも会いに行けないことに気付いたのだ。そこでウェンディはタクシー運転手をしながら副業で自動車教習の教官を務めているインド系アメリカ人のダルワーンに運転を教わることにする。文化や考え方が全く違う二人は当初反発し合うが、次第にウェンディはダルワーンと接することで本当に大切なものを思い出していく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ Learning to Drive” (英語). Box Office Mojo. 2015年12月8日閲覧。
  2. ^ "Patricia Clarkson as Katha Pollitt in Isabel Coixet's Learning to Drive". Indiewire, 2013年8月21日

外部リンク編集