そんなとき女を好きになる

そんなとき女を好きになる』(そんなときおんなをすきになる)は、チューリップの通算20枚目のアルバム。1988年4月1日発売。

そんなとき女を好きになる
チューリップスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル トライアド
チューリップ アルバム 年表
PRYMARY COLOR
1987年
そんなとき女を好きになる
1988年
Well
1989年
『そんなとき女を好きになる』収録のシングル
テンプレートを表示

解説編集

前作の生音重視の路線から一転し、その前の『Jack is a boy』に近い音の厚い、都会的なおしゃれをイメージした作品である。

レーベル移籍以降、バンドとソロの狭間にいた財津和夫が上手くテーマを消化しきれていない一方、他のバンドメンバーの楽曲はポップ、ロックとして迷いなく成立している。

ジャケットは、何かを見て驚くエクストラの中にメンバーが紛れている写真で、冬の寒いスタジオの中で撮影された。

なお、1979年に脱退した上田雅利が、ゲストとしてパーカッションで参加している。

この年は、本作を含めセールスが全く振るわなかったうえ、かつては全国で開催していたライブが主要都市8カ所のみに終わるなどチューリップにとっては最悪の年となり、財津はついにチューリップの解散を決断することとなる。

収録曲編集

SIDE・1

  1. 女たちの危険な事情
    • 作詞/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫・宮城伸一郎丹野義昭高橋裕幸
    • アコースティックギターとボーカルのシンプルな楽曲で、メンバーが交代でボーカルをとっている。
    • レコーディングの際には、4人が交代するタイミングが難しく時間がかかった。
    • 同年のツアーでは、演奏ではなく朗読の形で披露された。
  2. トライアングラー・ラヴ・エイド
    • 作詞/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫
  3. オレンジの花火
    • 作詞/作曲:宮城伸一郎 編曲:チューリップ ボーカル:宮城伸一郎
    • 同日発売のシングル『真っ赤な花と水平線』のカップリング曲で、同一テイクが収録されている。
      詳しくはシングルのページを参照。
  4. 真っ赤な花と水平線
    • 作詞/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫
    • シングルカットされて同時に発売された楽曲で、同一テイクが収録されている。
      詳しくはシングルのページを参照.
  5. ROOM#1022
    • 作詞/作曲:丹野義昭 編曲:チューリップ ボーカル:丹野義昭・高橋裕幸
    • 洋楽をオマージュした楽曲で、丹野と高橋が唯一ツインボーカルを披露した楽曲。

SIDE・2

  1. ペパーミントの予感
    • 作詞/作曲:高橋裕幸 編曲:チューリップ ボーカル:高橋裕幸
    • 高橋がチューリップで初めて作詞、作曲、ボーカルの全てを務めた楽曲。
    • ライブではサビの終わりに、高橋がターンを決めた後、「1982」と歌う演出がされていた。
  2. 逢えない愛
    • 作詞/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫
    • 同年のツアーで、唯一披露されなかった楽曲。
  3. 渋谷Flower・Friday
    • 作詞/作曲:宮城伸一郎 編曲:チューリップ ボーカル:宮城伸一郎
    • タイトル通り、華金をテーマにした楽曲。バブル景気真っ只中の雰囲気を感じられる歌詞とアレンジが特徴。
  4. Mr.チークダンス
    • 作詞/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫
    • 上田雅利がボンゴで参加している。
    • ライブではコーダ部分に繋がるように『ブルー・スカイ』のサビが演奏された。
  5. TULIPIANの服を着た君
    • 作詞:財津和夫/作曲:財津和夫 編曲:チューリップ ボーカル:財津和夫

クレジット編集

PRODUCED BY TULIP

KAZUO ZAITSU, SHINICHIRO MIYAGI, YOSHIAKI TANNO& HIROYUKI TAKAHASHI

DIRECTED BY KEN OKADA(TRIAD) & YOSHIHIRO TAKAHASHI(CRICKET)

ENGINEERED BY MASAHIRO KOIZUMI(STARSHIP),

HIDEAKI IKEDA(STARSHIP) & TAKAAKI AIZAWA(STARSHIP)

MIXED BY TAKANOBU ARAI(CHERRY ISLAND)

EXECTIVE PRODUCER: TSUNEO IIZUKA(TRIAD) & KAZUO ZAITSU(CRICKET)

ARTIST MANAGEMENT: CRICKET

PROMOTION STAFF: TOMONORI KAMBE(TRIAD) & KAZUHIRO ARAI(TRIAD)

EQUIPMENT STAFF: OSAMU ABUKAWA

COVER DESIGN & ART DIRECTION: TERUHISA TAJIMA

COVER PHOTOGRAPHY: MORITO ISODA

COVER CONCEPT: KAZUO ZAITSU

COORDINATED BY HARUO KOGUCHI(NIPPON COLUMBIA CO.,LTD.)

ADDITIONAL MUSICIANS:

MITSUO MATSUMOTO: GUITARS/RYO KOBAYASHI: GUITARS

YOSHIO UENO: ADDITIONAL DRUMS/TAKU KITAHARA: CHORUS

SHOJI HARUNA: SAXOPHONE/MASATOSHI UEDA: PERCUSSION

SYNTHESIZER PROGRAMMED:AND ADDITIONAL ARRANGED BY AKIHIKO YOSHIDA

SPECIAL THANKS TO: STEINBERGER(ZEN-ON)

I DEDICATE THIS RECORD TO ALL EDITORS FOR THE WOMAN’S MAGAZINE.