メインメニューを開く

たたき網漁(たたきあみりょう)とは、福井県若狭町三方湖に伝わる伝統漁法[1][2]。若狭の冬の風物詩となっている[3]

冬期に湖底に潜む魚(主にコイフナ)に対し青竹(竹竿)で水面を叩いて驚かせ、仕掛けた刺し網[4]に追い込み獲る漁法で、大正時代から伝わるとも[5]、江戸時代から伝わる[6]ともいわれ、日本では珍しくなった漁法である[1]。竹竿の長さは約4メートル[7]乃至、約5メートル[6]は小さな川船で、現代では船外機も用いるが[1]、手漕ぎの場合もある[8][9]

福井県若狭町の地元では「たたく」の方言から、たたき網漁を「かち網漁」ともいう[8]。 漁期は11月中旬又は12月初め頃[1]から始まり、3月末頃までで、“網下ろし”といわれる初漁日は大安の日が選ばれる[8]。 たたき網漁に用いるの目の大きさは13-16cmの間で、5ミリ-1センチ間隔で異なる目の大きさの網が何種類も用意され、乱獲を防ぐために、その年の幼魚の生育具合で網を替える[2]。 近年は、オオクチバスブルーギルなどの侵略的外来生物の防除も担っている[10]

脚注編集

外部リンク編集